印紙税課税対象の文書|印紙税Q&Aサイト

印紙税課税対象の文書

印紙,税,実務

印紙税が課税される対象はどのようなものですか?

::印紙税とは、経済取引によって発生する契約書や領収書といった文書に課税される税金です。

つまり、文書が作成されなければ、税金は発生しません。

(コラム:法律上は口約束も有効な契約となり得ますが、一方が約束の一部/全部を否定した場合、もう一方は立証が難しいため、通常は商取引には一定の契約書などを作成するのが一般的です)

 


質問にあります、課税の対象となるものとは、印紙税法別表第一の課税物件表に該当する項目を証明する目的で作成した文書となります。但し、一部の特別法などの他法により、印紙税の非課税対象文書となっている場合を除きます。


尚、「対象となる」とは、文書の題名が該当する場合を指すのではなく、文書の内容/趣旨/取り扱いから総合的に判断します。



詳細は各号文書の詳細を参照ください。

また、複数の号にまたがる文書は、どれか1つ該当する項目の印紙税額を収めることになります。詳細はこちらを参照ください。