契約書の写し(コピー)の取扱い|印紙税Q&Aサイト

契約書の写し(コピー)の取扱い

印紙,税,実務

契約書(請負契約書)を1通しか作成せず、弊社ではそのコピーを保管しております。このコピーには印紙税が課税されますか?このコピーは単にコピー機でコピーしたものです。

契約書当事者間で、契約を証する目的で作成された2通以上の文書には、それぞれ印紙税が課税されます。1通で契約を証することができるからです。

 


この契約書の写し(コピー)、謄本/抄本と表示された文書は、上記のように契約を証する目的で作成されたかどうかによって、印紙税が課税されることになります。



具体的には、以下の形式を具備するものは、印紙税課税対象であるとされています(印紙税法基本通達より


1.契約当事者の双方/一方の署名/押印があるもの(文書所持者のみが署名/押印しているものは除きます)


2.正本などと相違ないこと/写し/副本/謄本であることの契約当事者の証明(正本などとの割印があるものを含む)のあるもの(文書所持者のみが署名/押印しているものは除きます)



質問のケースでは、上記に該当せず、印紙税は課税されません。