過怠税|印紙税Q&Aサイト

過怠税

印紙,税,実務

印紙税を納付しないとどうなりますか?

課税文書を作成したものが、印紙税を納付しなかったときは、理由のいかんを問わず、原則として、印紙税額の3倍となる過怠税印紙税額+印紙税額の2倍の過怠税)が課税されることになります。

 


※過怠税は最低1000円

※納税義務者は、印紙税同様に連帯して過怠税納付の義務を負います。


過怠税とは、故意/過失の有無を問わず、不納付税額に対する追徴/行政的制裁の意味合いで課税される税金です。

※過怠税は、経理上で、法人税 の損金処理や所得税の必要経費への算入はできません。


尚、課税文書に印紙税相当額の収入印紙を貼り付けていても、その印紙へ消印をしていない場合は、印紙税を納付していない扱いを受ける可能性があります。



また、納税していないことを税務署長へ自己申告した場合は過怠税は印紙税額の1.1倍に軽減されます。

この自己申告とは納税調査などで指摘された場合を含みません。

※自己申告の場合は、最低1000円の規定は解除されます。



印紙税はしっかり納めましょう。



印紙税課税文書かどうかはこちら