弁護士の見分け方・選び方 

弁護士が教える債権回収マニュアル

法律事務所は決して敷居の高いところではありません。初めから敷居などない事務所も多いと思います。

サイトマップ

まとめ

法律事務所は決して敷居の高いところではありません。

初めから敷居などない事務所も多いと思います。



もし、訪ねた事務所の敷居が高いと感じたなら、弁護士がお高くとまっているとか、弁護士側のサービス精神の欠如に問題があると思います。

スーパーに行くような気軽さで、友達の家を訪問するような好奇心で、遠慮なく訪ねていただきたいのです。

フランス・パリの裁判所(パレ・ドゥ・ジュスティス)では、男性より多いのではと思ってしまう数の女性弁護士が、分厚い書類カバンを抱え、弁護士用の黒いガウンと白いタイを身につけて、裁判所の回廊を行き来しています。

フランスの法曹人口は1997年時点で約3万6000人、毎年2400人の法曹が誕生しています。



ちなみに、アメリカの法曹人口は94万1000人、ドイツは11万1000人、イギリスは8万3000人です。

日本の裁判所でも、女性弁護士たちが男性を圧倒する数と勢いで、颯爽と歩き回る日も遠くないかもしれません。

司法制度改革審議会は「意見書」の中で、「訴訟費用保険の開発・普及に期待する」と述べています。

訴訟費用保険とは、法的トラブルに遭遇した時、裁判費用や弁護士費用を保険金でカバーしようというものです。

保険が普及すれば、費用の心配がいりませんから、一般の方々が弁護士にアクセスするのも容易になるでしょう。

弁護士も弁護士会も、一般に向けてより開かれたものになろうとしています。

弁護士はお客様からお声がかかるのを待っています。

経営者にとっては良きブレーンとして、個人の方々にとっては人生の相談相手として、お年寄りにとっては財産のプランナーとして、サラリーマンやOLにとってはあなたを守る騎士として、そして学生にとっては頼りがいにあるおじ様、おば様(お兄さん、お姉さん)として。

離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
TOP
弁護士は困った時の味方
弁護士はサービス業
探すルートはいくつもある
弁護士にも専門のある人とない人がいる
特殊分野は専門家に依頼しよう
よい弁護士はここが違う
大法律事務所は大学病院に似ている
小法律事務所には専門家とゼネラリストがいる
秘書の応対も考えよう
法律事務所をはしごするのも悪くない
メモと資料はあらかじめ準備しよう
悪徳弁護士を見極めよう
弁護士費用は思っているほど高くない
時間と労力によって費用は変わる
自分の事件ファイルを作ろう
依頼人が裁判所に行く必要はほとんどない
本人尋問の打ち合わせは念入りにしよう
弁護活動にもボランティアがある
相手の弁護士の言い分は気にしない方がいい
あなたのホームロイヤーを持つといい
まとめ
過払い金請求・特定調停・裁判までも自分で出来る、元「借金問題専門 弁護士秘書」の借金減額マニュアル
【全額返金保証】現役の法律事務所職員が教える、借金返済7つの秘密。あなたはもう借金を返す必要がなくなります。
起業するなら国から貰え!アイデア一つで資金1億円を国から合法的に調達する方法
決して泣き寝入りせず裁判へ向かうための手引き書 「TRIAL OF ONE」
りそな 金利



弁護士の見分け方・選び方 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。