コンサルティングの基本ガイド 

銀行・会計事務所出身の財務コンサルタントが書いた経営努力しなくても銀行が融資したくなる決算書作成マニュアル

コンサルティングというサービスや職業が日、実際には、どんなことをしているのか、また、するのかがよく知られていません。コンサルティングの範囲は非常に幅広く、時代によって変化しています。

サイトマップ

コンサルティングテーマ(領域)を俯瞰する

全社戦略から個別テーマまで、多岐にわたっています。


●具体的なコンサルティングファームを知る

コンサティングのテーマは、具体的にどのようなプロジェクトが行われているのかを概説します。

@企業の方向性を左右する全社戦略とは…

全社(企業)戦略は、「会社全体として、どのような企業を目指すべきか(中長期戦略)」「数百ある事業の内、どの事業に資源を集中して、どの事業から撤退すべきか(選択と集中)」といった、まさに大企業の経営者が多くの時間と労力を割いている問題に対してコンサルティングすることです。

「経営コンサルティング」という言葉に最も近いのが、全社戦略というコンサルティングだと考えられるのです。

この全社戦略は、規制緩和や大きな変化の潮流を前に、今後の企業経営をどうしていけばいいか?といった、変化に対応しなければならないという時にニーズが発生する確率が高いテーマです。

このような、変化を前にした時やリスクが顕在化した時などに、これまでの事業の延長で対応できないケースが多いのです。

企業の運命を左右する大きな変化は数十年に一度という場合は、前回の変化を経験した人材がいなっかったり、いても当時は一般社員であったりして、企業内にノウハウが残っていない場合が多いいのです。

一方、コンサルタントは様々な企業で同様の局面での全社戦略立案を数多く経験しているのです。

そこで企業は全社のことを考えて、コンサルタントを使ってそのテーマに対応するのです。

また、このような大きな変化の状況は、そう頻繁に発生する訳ではないので、社内に人材を投入するには時間的に、経費的に見ても効果的ではないのです。

これは、日本を代表する有名大企業だけでなく、業界3番手、4番手の企業からの依頼も多くなります。

主な全社戦略としては、「事業ポートフォリオ再構築」「長期ビジョン策定」といったプロジェクトが挙げられます。

A企業の一部門の戦略を策定する事業戦略とは…

事業戦略は、「○○部門の業績を回復するにはどうしたら良いのか」「新製品のマーケティング戦略を考えて欲しい」「新規分野に事業参入するにはどうすれば良いか」といった、企業の一部門の戦略を策定することです。

一部門といっても、大企業であれば数千億円という売上高ベースであることがざらで、非常に大きなスケールの場合もあります。

また、単一事業のみを営む会社であれば、事業戦略は全社戦略となるのです。

主な事業戦略としては、「マーケティング戦略」「新規事業戦略」といったプロジェクトが挙げられます。

B特に重要度が増しているのが業務・ITコンサルティングです

業務・ITコンサティングは、「製品の供給プロセスを効率(IT)化して運転資本を○○%削減」「製品開発のプロセスを見直して開発期間を○○%に短縮」」「Webを活用することで顧客企業へのプロモーション方法・価格設定を再構築する」といった、より現場に近いオペレーションの改革を支援することです。現在では企業活動にITは欠かせないので、業務プロセスを再構築するだけではなく、システムの設計・構築を伴ったプロジェクトもたくさんあり、その場合でも「そもそもITを導入してどのような課題を解決すべきなのか」「課題解決のためにはどのような機能が必要なのか」といった、業務・システム要件を定義するステップが必要です。

その定義後に、初めてシステム構築のコンサルティングに入ります。

企業によってはIT戦略が全社戦略の1テーマとなる場合も増えています。

また、CIO(チーフ・インフォメーション・オフィサー =最高情報責任者またはIT担当役員)が戦略的にシステム投資を支援するために、コンサルティングファームがアドバイザーとして、IT資産・投資評価、情報セキュリティ体制にもコンサルティングすることもあります。

主な業務・ITコンサルティングとしては、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)、SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)、ITマネジメント戦略、PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)、システムインテグレーションなどのプロジェクトが挙げられます。

C人と組織を担うのが組織人事コンサティングです

組織人事コンサルティングは、戦略や業務の企画と実行を遂行する主体となる、組織と人を扱うコンサルティングです。

優れた戦略と最高のシステムがあっても、それを実行する組織と人がうまく機能しなければ、ビジネスで成果を発揮することはできません。

主な組織人事コンサルティングとして、組織・制度をコンサルティングや業務改善を通じて社員の意識改革を図るチェンジマネジメント系のコンサルティングがあります。

また、報酬制度の設計から派生した退職金・年金制度のコンサルティング、資産運用コンサルティングを手掛けているコンサルティングファームもあります。

具体的な組織人事コンサルティングとしては、組織開発、リーダーシップ開発やAttraction & Retention(優秀な人材の引き付けとつなぎ止め)などのプロジェクトが挙げられます。

Dフィナンシャルアドバイザリー系コンサルティングは、財務・金融を専門にコンサルティングします

これは、高度な専門性が求められる分野であるため、代表的なのが会計事務所系グループのコンサルティングファームです。

また、銀行・証券などの金融系グループが、子会社でM&Aのアドバイザリーを行うコンサティングファームを抱えているところもあります。

具体的には、M&Aに関するM&Aアドバイザリーや財務デューデリジェンドバイザリー、リスクマネジメントサービスなどを手掛けています。

投資銀行、証券会社、PE(プライベート・エクイティ/未公開株式に対して資金提供し、収益力を高めた上で回収すること)ファームなどと協同でプロジェクトに関わることも良くあります。

なお、ここで紹介したもの以外にもコンサルティング業界では数多くのプロジェクトがあり、また、近年では新たなコンサルティング手法がさらに細部化されて、日々開発されています。


◆各コンサルティングテーマのプロジェクトの例

◎全社戦略コンサルティングプロジェクトの例

○長期ビジョン作成○中長期経営戦略○バリューマネジメント○ケイパビリティ戦略○グローバル戦略○グループマネジメント○事業ポートフォリオマネジメント○Cl(Corporate Identity)

◎事業戦略コンサルティングプロジェクトの例

○マーケティング戦略○営業戦略○生産戦略○R&D戦略○多角化戦略○新規事業戦略○商品開発戦略○Eコマース戦略○ブランド戦略○新規市場参入戦略

◎業務・ITコンサルティングプロジェクトの例

○CRM(Customer Relationship Management)○SCM(Supply Chain Management)○lSO導入支援○アウトソーシング導入支援○PLM(Product Lifecycle Management)・フィナンシャルパフォーマンスマネジメント○IT戦略立案○PMO(Project Management Office)○システムインテグレーション○ナレッジマネジメント○システム開発支援

◎組織人事コンサルティングプロジェクトの例

○人事制度コンサルティング○退職金&企業年金コンサルティング○チェンジマネジメント○グローバル人事○モチベーションマネジメント○リーダーシップ開発○組織開発○SHRM(戦略的人材マネジメント)

◎フィナンシャルコンサルティングプロジェクトの例

○経理&財務業務効率化○上場支援○内部統制(J−SOX法対応支援)○リスクマネジメント○財務戦略○デューデリジエンス○税金コンサルティング○IR支援・移転価格リスク分析

◎複合型コンサルティングプロジェクトの例(複数のテーマを横断するコンサルティング)

○M&A○事業再生

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
そもそもコンサルティングとは?
コンサルティング事業会社の8大機能と付加価値
コンサルティング企業の組織
コンサルタントの職位は大きく4つに分けられます
アナリストがコンサルタントのスタートとなります
仮説を立てて検証していくことがコンサルタントの大きな仕事
プロジェクト全体の管理責任を持つのがマネジャーです
パートナーの大きな仕事は営業とコンサルティング会社の経営です
コンサティングの領域の垣根が無くなりつつあります
コンサルティングテーマ(領域)を俯瞰する
大企業メインの戦略系コンサルティングファーム
総合系ファームはフルラインサービスを提供しています
IT活用を支援する業務・ITコンサルティングファーム
シンクタンク系コンサルティングファーム
組織人事&チェンジマネジメント系コンサルティングファーム
監査法人から分かれたフィナンシャルアドバイザリー系コンサルティングファーム
中堅・中小に強い国内独立系コンサルティングファーム
ブランドマネジメント&マーケティングコンサルティングファーム
急成長が見込まれる病院支援・医療コンサルティングファーム
時代に即した新しいコンサルティングファーム
プロジェクトの受注から終了までの仕事の流れ
全社戦略:@[選択と集中]を支援するグループマネジメント
全社戦略:A社員と経営層の「思い」を棚卸する長期ビジョンの策定
事業戦略:@マーケティング戦略
事業戦略:A新規事業戦略で安定低成長を打破する
事業戦略:B注目されている新規技術の実用化
業務・ITコンサルティング:@顧客戦略をスムーズに実施するCRM
業務・ITコンサルティング:A最適な調達・生産・販売管理を実現するSCM
業務・ITコンサルティング:B多数のプロジェクトを円滑に進行できるPMOとは
業務・ITコンサルティング:C企業の競争力をより高めるITマネジメントです
業務・ITコンサルティング:D主に川上の工程を担当するシステムインテグレーション
組織人事プロジェクト:@人事コンサルティングの新しい流れSHRM
組織人事プロジェクト:A組織開発で社員の力を最大限に引き出します
組織人事プロジェクト:B近年リーダーシップ開発が特に注目されています
内部統制体制構築(J−SOX法対策)のプロジェクトは
デューデリジェンスがM&Aの戦略・財務分野のカギを握ります
その他のコンサルティングプロジェクトでは
コンサルティング業界は(War for Talent)です
コンサルタントに求められる資質とは
新卒採用のポイントは
新卒採用試験をクリアするには
転職希望者のバックグランドの活かし方は
中途採用での転職方法は
各領域別、需要がある人材とは
転職を勝取るためには
中途採用と新卒採用のどちらが良いか
コンサルタントからさらなるキャリアアップが図れる
パーソナル・コンサルティングで売らずに稼ぐ!「ネコス」のご案内
SEOコンサルタント独立開業マニュアル
「コンサルタントで起業講座」通信教育専用のeラーニングソフト(CD-ROM)が10枚(5時間29分)と書籍(218ページ)
業績改善プロフェッショナルコンサルタントの『目標作成実践マニュアル』
























































コンサルティングの基本ガイド All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。