離婚調停成功マニュアル

DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段 

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜

ドメスティックバイオレンス(DV)とは、現在または元の夫婦、交際相手などの親密な関係にある者の間で、パートナーを支配するために、さまざまな暴力が用いられるものです

サイトマップ

DV加害者の加害意識は希薄

DV加害者の8割が、社会の法律やルールに従って生活している会社員、公務員、教員、自営業です。



そしてなかには、「あの人がまさか」と思われるほど、ボランティアや慈善活動、宗教活動に熱心で、周囲の人から信頼を得ている人や、社会的に成功して、高い地位についている人も少なくありません。

しかし、DV加害者が妻や子供に見せる顔は、外での顔とは別人です。

DV加害者は、妻は自分の物、その間にできた子どもも自分の物と思っており、自分が一家の主人で、養ってもらっている妻子は自分に従うのがあたりまえだと思っています。

さらには、女性である妻は、男性の自分に気を使い、優しく接し、その機嫌を保つことも当然の役割だと思っている場合が多いようです。

DV加害者が暴力を振るうきっかけとしては、「言うことを聞かない」「自分を怒らせた」が最も多く、これはDV加害者が当然の特権だと認識している秩序に反するためです。

一方、DV加害者は力の格差に敏感な傾向にあります。

妻や子どもは自分よりも立場が弱いことをわかったうえで、暴力の対象に選んでいるのです。

そして、暴力を振るっても、「夫婦喧嘩だ」「しつけだ」といえば、警察や裁判所も見逃してくれることを知っています。

しかし、会社の上司や同僚など、自分が必ずしも立場が強いとは限らず、また、暴力を振るったら職や社会的地位を失う可能性のある相手には従順です。

警察や裁判所など、かなう相手ではない国家権力に対しても逆らわず迎合します。

そして、迎合しながら、自分の支配テリトリー内のことに口出しされないように、警察官や裁判官の前では、「暴力を決して振るわないよい夫」を演じます。



DV加害者には、自分の暴力を否認し、暴力や被害を過小評価し、その責任を被害者や他の者に転嫁するという、共通の特徴があります。

このような態度は、暴力を振るっているときだけでなく、裁判になったときにも顕著です。

「暴力を振るった覚えはない」「このくらいのことは暴力のうちには入らない」と暴力を否認し、「ちょっと押しただけ」と過小評価し、「取り乱している妻を静めるために手をあげた」などと善意の動機を主張します。

被害についても、「この程度で病院に行く必要はない」「妻は大げさに騒いでいるだけ」などと過小評価する傾向にあります。

さらに、「自分が悪いのではなく、殴らせるようなことをする妻が悪い」「仕事で疲れているのに、妻が自分の神経を逆撫でした」など、自分の暴力の責任を被害者に転嫁します。

このように、DV加害者の加害意識は、驚くほど希薄です。

例えば、暴力の末のセックスの強要、被害者にとっては「虐待の仕上げ」ですが、加害者は「仲直りしてセックスをした」などと、裁判でも平気で主張します。

暴力を繰り返すことと、加害者の責任感の希薄さは関係があると考えられています。

加害者が自分の暴力を直視し、被害者の痛みを理解し、責任を取っていたら、次の暴力は振るえるはずがないのです。

このようなDV加害者が、行動変容することは極めて難しく、加害者主導でDVを解決することは不可能です。

■離婚調停を圧倒的有利に進める77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
TOP
DVは継続する人権侵害
DV加害者の加害意識は希薄
DV加害者の半数以上は子どもにも暴力を振るっている
DVを放置すると暴力はエスカレートする
被害者支援の重要性
DV防止法の適用対象
DV事件を解決するためのプラン
安全確保と自立支援
DV被害の相談
保護命令
離婚手続
婚姻費用の請求
強制執行手続
子どもの親権・面接交渉権・引渡し
DVに対する刑事的な対応
コラム
【3日間限定価格】離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜
離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
ダンナにバレずに離婚の準備。離活で離婚後快適生活。アナタは知らずに損をするつもりですか?最新2009年版離婚して3倍お金を貰って3倍幸せになる魔法の方法
健康保険・社会保険・公的扶助がよくわかる  不安解消!離婚手続の手引き
子どもを犠牲にしない離婚の仕方
横浜銀行 ローン












































DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。