離婚調停成功マニュアル

DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段 

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜

ドメスティックバイオレンス(DV)とは、現在または元の夫婦、交際相手などの親密な関係にある者の間で、パートナーを支配するために、さまざまな暴力が用いられるものです

サイトマップ

DV加害者の半数以上は子どもにも暴力を振るっている

DV加害者の半数以上が、子どもに直接の身体的暴力を振るっています。



DV加害者の意識では、子どもは妻と同様、自分の所有物であるため虐待が起こります。

妊娠中の暴力、授乳中の暴力だけでなく、妻への暴力を止めようとした子どもに対する虐待も起こっています。

また、妻への心理的暴力手段として、子どもの虐待を選ぶ加害者もいます。

子どもへの性的虐待も起こりがちです。

これは、親には子どもを育む役割と責任があることを自覚していないことに原因があります。

一方、母親が加害者の顔色を伺うことに神経を集中させなくてはならず、また、DV加害者のニーズで子どもをかまってやれない生活においては、子どものニーズは無視されてしまいます。

さらに、子どもにとっては、自分を産んで、世話をしてくれる母親は強い愛着と存在の対象ですが、その母親に対する父の暴力を目のあたりにすることで、子どもの心に深刻なダメージを負わせることになります。

子どもは、頼るべき母親が、暴力を受け、暴力に怯えて生きている姿を見ることで、安全感や自己信頼感、他者への信頼感を損ない、暴力に寛容になり、他者と対等な関係を構築することができなくなります。

子どもがDVを目撃することによる深い心理的影響を考慮して、改正児童虐待防止法では、DVを子どもに目撃させることを、心理的虐待のひとつにあげています(同法第2条第4号)。



このように、DVのある家庭においては、並行して子どもへの虐待も行われているケースがよく見られます。

さらに、子どもには、DVがもっとも危険な時期に、加害者から最大の攻撃目標にされる危険もあります。

DVは、被害者が加害者と別れようとするときがもっとも危険です。

加害者は、別れられないように被害者を連れ戻し、制裁を加え、二度と逃げ出せないように、今まででもっともひどい暴力を振るう傾向にあるからです。

そのとき、加害者は、被害者にとってかけがえのない存在であり、自分にとっては自己の親権に服するなどコントロールしやすい存在でもある子どもを、復讐の格好の攻撃対象に選びます。

加害者は、面会強要、連れ去り、暴力、心理操作など、さまざまな手段を使って、子どもに接近してきます。

しかし、これは親権という法的根拠を背景に行なわれるケースが多く、周囲が加害者のこのような意図を見抜くことができなければ、子どもを加害者に引き渡し、DV解決への加害者による妨害に加担する結果となる場合があります。

このように、二重の意味で子どもはDVの第二の被害者となります。

■離婚調停を圧倒的有利に進める77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
TOP
DVは継続する人権侵害
DV加害者の加害意識は希薄
DV加害者の半数以上は子どもにも暴力を振るっている
DVを放置すると暴力はエスカレートする
被害者支援の重要性
DV防止法の適用対象
DV事件を解決するためのプラン
安全確保と自立支援
DV被害の相談
保護命令
離婚手続
婚姻費用の請求
強制執行手続
子どもの親権・面接交渉権・引渡し
DVに対する刑事的な対応
コラム
【3日間限定価格】離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜
離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
ダンナにバレずに離婚の準備。離活で離婚後快適生活。アナタは知らずに損をするつもりですか?最新2009年版離婚して3倍お金を貰って3倍幸せになる魔法の方法
健康保険・社会保険・公的扶助がよくわかる  不安解消!離婚手続の手引き
子どもを犠牲にしない離婚の仕方
金利 計算式
































DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。