離婚調停成功マニュアル

DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段 

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜

ドメスティックバイオレンス(DV)とは、現在または元の夫婦、交際相手などの親密な関係にある者の間で、パートナーを支配するために、さまざまな暴力が用いられるものです

サイトマップ

DV防止法の適用対象

「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律」(DV防止法)は、DVの特殊性を考慮して制定された法律で、これにより、被害者の安全確保と生活再建支援が大きな柱として制度化されています。



しかし、この法律はDV関係のすべてに適用されるわけではありません。

残念ながら、DVのうちでも、事実婚を含む婚姻の相手、もしくはDVが原因で離婚または事実婚を解消して、さらにその元パートナーから暴力を受けそうな事例、つまり、一度結婚または事実婚した者の間でのDVだけが適用の対象となっているのです。

現在もしくは元の交際相手からの暴力は、刑法などの一般法による規制のほかは、つきまとい行為に関するストーカー規制法で、警察の判断と対処に委ねられることになります。

被害者の意思で保護命令を得ることも、生活政権に関する支援を受けることも、法的には整備されていないのです。

一方、DV型ストーカー事件で、警察が被害を過小評価したために対応を怠って、被害者を救えなかった事例は過去に多数あります。

また、現在も、被害を訴え、対応を求めても、警察が取りあってくれなかったために、被害者が危険にさらされてしまったケースが後を絶ちません。

警察の不対応に対して、被害者が自分の安全確保のために、何の法的アクションも起こせないストーカー規制法があるため、交際相手をDV法の適用対象から除外することには、大きな疑問があります。

また、ストーカー規制法は刑事法なので、福祉的対応は一切含んでいませんが、交際相手からの暴力も、被害者の私的生活に近い場所で起こるので、被害者の心身や生活に及ぼす影響は小さくなく、心理や福祉的な相談と援助の必要性は他のDV事例とは変わりません。

結婚、事実婚をしたことのない加害者からの暴力は、発見されやすいため、対処も困難ではないという理由からDV防止法の適用除外とすることは、同じDV被害者に、安全に生きる権利を与えない不当な法的地位の押しつけだともいえます。

■離婚調停を圧倒的有利に進める77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
TOP
DVは継続する人権侵害
DV加害者の加害意識は希薄
DV加害者の半数以上は子どもにも暴力を振るっている
DVを放置すると暴力はエスカレートする
被害者支援の重要性
DV防止法の適用対象
DV事件を解決するためのプラン
安全確保と自立支援
DV被害の相談
保護命令
離婚手続
婚姻費用の請求
強制執行手続
子どもの親権・面接交渉権・引渡し
DVに対する刑事的な対応
コラム
【3日間限定価格】離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜
離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
ダンナにバレずに離婚の準備。離活で離婚後快適生活。アナタは知らずに損をするつもりですか?最新2009年版離婚して3倍お金を貰って3倍幸せになる魔法の方法
健康保険・社会保険・公的扶助がよくわかる  不安解消!離婚手続の手引き
子どもを犠牲にしない離婚の仕方
インフレ 金利


















DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。