清掃契約書|印紙税Q&Aサイト

清掃契約書

印紙,税,実務

自社ビルの清掃作業を、清掃会社に委託するにあたり、清掃契約書を作成します。この契約書の印紙税法上の取扱いを教えてください。(契約書には、清掃対象・清掃の区分/要領・清掃費(月額)・契約期間などが記載されています)

清掃契約は、無形の仕事の完成を約し、その対価を支払う内容の契約で請負契約に該当しますので、その契約書は、2号文書(請負に関する契約書)となります。

 


また、質問のケースでは、営業者間での請負に関する2つ以上の取引を継続して行われるために作成される契約書で、共通して適用される目的物の種類・単価などの支払い方法を定めるものですので、7号文書(継続的取引の基本となる契約書)にも該当します。


2つ以上の号に該当する文書ですので、文書の所属の決定より、2号文書に所属が決定されます。


尚、清掃費と契約期間が記載されており、契約金額の算出が可能ですので、その計算額が記載金額として扱われます。