修理承り書|印紙税Q&Aサイト

修理承り書

印紙,税,実務

当店では、時計などの修理依頼を受けた際に、依頼者に修理承り票を発行しております。これは印紙税が課税されますか?(修理承り票には、承り日。出来上がり日・品名・修理内容・金額・依頼物は、この承り票と引き換えに返還する旨の記載があります)

質問の承り票は、記載内容から、修理の依頼を受諾した、つまり、修理の委託契約の成立を証する文書であり、2号文書(請負に関する契約書)に該当します。

 


一般に類似の帳票では引受書・修理票・引換証・預り証・受取書・整理券などの名称で作成される同様の内容の文書があります。扱いは以下のとおりです。


>承り票・引受書などと証するものや引受いたしましたなどのように修理/加工を引受けた旨の記載があるものは2号文書に該当


>修理票・引換証・預り証・受取書・整理券などと称するもので、仕事の内容(修理、加工箇所、加工方法など)、契約金額、期日/期限のいずれか1つ以上の事項の記載があるものは2号文書に該当


>保障期間中の修理など、無償で引受けたものであり、文書上その旨が明らかになっているものは不課税


※2号文書は1万円未満の記載金額については、非課税ですが、記載金額がなければ200円の印紙税が課税されます。