開発業務委託契約書|印紙税Q&Aサイト

開発業務委託契約書

印紙,税,実務

販売業務用のプログラム及びデータの開発について、委託先である受託会社と開発業務委託契約書を作成します。この文書は印紙税法上どのように扱われるでしょうか?

質問の開発業務委託契約書は、その契約内容から請負契約であることが明らかで、2号文書(請負に関する契約書)に該当します。

 


また、契約書にその成果物の著作権などについての移転(受託会社→委託会社)についての契約内容が記載されていれば、1号の1文書(無体財産権の譲渡に関する契約書)にも該当します。


上記の場合、2つ以上の号の課税事項がありますから、その印紙税額を決定するにあたり、文書の所属の決定をする必要があります。