システム企画支援契約書|印紙税Q&Aサイト

システム企画支援契約書

印紙,税,実務

当社は、ソフトウェア会社と開発委託基本契約書を締結しています。このソフトウェア会社にシステム企画支援の委託をするにあたり、基本契約書に基づいた、個別契約書であるシステム企画支援契約書を作製します。この契約書の印紙税法上の取扱いを教えてください。(システム企画支援契約書には、企画支援業務の委託受託に関する規定・業務範囲・成果物(業務終了報告書)とその引渡し方法・契約金額・責任の所在に関する定めなどが記載されている)

質問のケースは、システム化計画などの立案に係る支援作業を委託し、支援業務に対して対価を支払う契約です。また、成果物として業務終了報告書を提出する内容です。

 


但し、この委託業務は、受託者の知識/ノウハウに基づいてシステムの企画/構想を支援するもので、この業務には完成という概念がなく、結果より支援内容を期待するもので、準委託契約に該当します。

成果物として、業務終了報告書が提出されることになっていますが、これは業務内容を開示する手段としてまとめられたもので、成果物としては評価できません。


上記より、このケースは、委託契約でない以上、2号文書(請負に関する契約書)に該当せず、また、いずれの課税文書にも該当しません。