ソフトウェア製品販売代理店契約書|印紙税Q&Aサイト

ソフトウェア製品販売代理店契約書

印紙,税,実務

当社が著作権を有する市販ソフトウェアについて、A社を販売代理店にするにあたり、ソフトウェア製品販売代理店契約書を作成します。この契約書に印紙税は課税されますか?(契約書には、再販に関する定め(ソフトウェアをA社へ売り渡し、A社はその複製を販売する)・販売のための複製許諾の定め・販売価格および再販価格の決定方法・ソフトウェア販売代金の支払い方法・契約期間が記載されている)

質問の契約書は、ソフトウェアを販売するにあたり、A社を販売代理店とする旨と取引に関する基本的事項を定めたものです。

 


営業者間において、売買に関する2つ以上の取引を継続して行うために作成されう契約書で、2つ以上の取引に共通して適用される取引条件のうち、目的物の種類・取り扱い数量・単価・対価の支払い方法・債務不履行の場合の損害賠償の方法、再販価格を定めるものは7号文書(継続的取引の基本となる契約書)に該当します。


このため、質問の契約書は7号文書に該当し、印紙税が課税されます。