仕切書|印紙税Q&Aサイト

仕切書

印紙,税,実務

当社は、商品販売の売り上げ管理、在庫管理などのためにPOSシステムを導入しています。現金販売時に、売り場の端末(ポスレジ)から打ち出される仕切書をお客様に交付しています。この仕切書は、印紙税法上、どのように取り扱われますか?(仕切書(いわゆるレシート)には、伝票番号・会員番号・商品・単価・金額・小計・値引・税込み合計額・消費税額が記載されています)

印紙税法上、17号文書(金銭/有価証券の受取書)が課税文書となっております。

 


この受取書は、文書の名称にかかわらず、その内容から金銭などの受領事実を証することが目的で作成されるとみなされるものはが該当します。


つまり、受取書だけでなく一般に領収書・仕切書なども含まれることになります。


質問のケースでは、在庫管理業務などが目的となっておりますが、同システムの金銭登録機能を使用し、金銭受領都度、ポスレジから打ち出されお客へ交付されるものは金銭の受領文言の記載はなくとも、当事者間では、受取書として了解があるものと認識されています。


このため、この仕切書は17号の1文書に該当し、3万円以上の記載金額のあるものは、印紙税が課税されることになります。


尚、質問にありますように、消費税が区分記載されていれば、消費税は記載金額に含みません。