相殺による領収書|印紙税Q&Aサイト

相殺による領収書

印紙,税,実務

A社に対して有する売掛金と買掛金を相殺した場合に、その相殺事実を証する領収書を交付します。この領収書の印紙税法上の取り扱いを教えてください。(領収書には、宛名・金額・特定の買掛金と相殺である旨の記載があります)

質問のケースは、領収書の名で文書が作成されていますが、その内容は、債務と債権の消滅を証する文書であり、金銭などの受領事実を証するものではありませんから、17号文書(金銭/有価証券の受取書)には該当しません。

 


また、他の課税物件にも該当せず、印紙税は課税されません。


尚、相殺の事実の記載のないものは、通常の領収書として、17号文書に該当します。


また、相殺案件と他の金銭などの受領案件を1つの領収書に記載したもので、区分記載されていなければ、全額が17号文書の記載金額に該当し、区分記載されていれば相殺案件分は課税されにことになります。