デビットカード取引の際の口座引落確認書/領収書|印紙税Q&Aサイト

デビットカード取引の際の口座引落確認書/領収書

印紙,税,実務

デビットカード取引の際に、口座引き落とし確認書に、領収済みのスタンプを押印しています。また、顧客から別途領収書の交付を求められる場合がありますが、これらは印紙税の対象でしょうか?(口座引落確認書には、商品名・金額・消費税・引落口座と引落金額が記載されています。領収書には、商品名・金額・消費税・デビットカード取引金額が記載されております)

デビットカード取引とは、店舗に設置された端末を利用し、リアルタイムで顧客の預貯金口座から代金引落を行い、その結果を端末へ返信させるシステムです。

 


質問の口座引落確認書は、処理結果を端末からアウトプットした文書したものは、単なる通知ですから、手を加えず顧客へ渡すのであれば、印紙税は課税されません。


しかし、質問のケースでは、これに受領の表示を行うということですので、これは、単なる通知書ではなく受取書として扱われ、17号の1文書(金銭/有価証券の受取書)に該当し、印紙税が課税されます。



別途発行する領収書も同様に、17号の1文書として、印紙税が課税されます。(上記にも、この領収書にも印紙税が課税されることになります)