学習塾を始めて儲ける方法 

【無料ソフト版】情報起業スーパーテンプレート

塾経営は、決して楽な商売ではありません。数多く塾経営に携わる人がいる中でも、成功し生き残れるのは、ほんの一握りの人たちであるということを肝に銘じなければなりません

サイトマップ

塾の指導内容で4つの塾に分類できる

塾を始めるとき、まず決めなければならないのは、指導方針とそれにもとづく具体的な指導内容です。



入塾時に入塾希望の子供と親と3者で面談することを推奨しますが、その場でこれから通おうとしている子供と親に対し、しっかりとしたその塾の指導方針を説明することは、自分の塾を知ってもらうために最も重要なことです。

現在の塾は、その指導内容から「補習塾」「進学塾」「総合塾」「個別指導塾」の4つに分類できます。

「補習塾」とは、学校の授業についていけるようにすることを目的とし、学校で使用している教科書をわかりやすく説明し、学校の授業でわからないことなどを解消してあげることを主な教育内容としています。

「補習塾」には、学校に適応できない子供が通うことも多く、成績レベルは中の下程度の子供たちを対象としています。

「進学塾」は、希望の学校へ合格させることを目的としています。

学校の教科書よりもレベルの高い内容を教え、常に受験を意識しながら、基礎だけでなく応用の知識を身につけさせることを目標としている塾です。

成績レベルでは上位の方の子供たちを対象とし、「進学塾」の中には、定期試験で学年15位以内でないと入れないという塾もあります。

高度な知識、応用力を必要とする難しい問題を次々に解説し、宿題も多く出したり、定期的に実力判断テストを行うなどして全国順位を出したりして、勉強、勉強で知識を詰め込むスタイルをとります。

「総合塾」は前述の「補習塾」と「進学塾」を合わせたかたちで、【中規模塾】などは一般に「総合塾」の形式をとることが多くあります。

戦略的に「補習塾」と「進学塾」の対象となる塾生を獲得しようとする意図もあります。

補習と進学の両方の学習内容をバランスよく取り入れ、まさに総合的に指導するスタイルをとる塾もあります。

一般的に問題を解くポイントを説明し、問題を解かせた後、その問題の解説を行うというスタイルをとります。

「個別指導塾」は最近特に流行りだした形態の塾です。

この塾は教室を細かく間仕切りしたりして、塾生に好きな教科、好きな教材を自習させ、先生が塾生の一人ひとりの間を回って疑問点に答えていくスタイルをとります。

この方式で進めれば、学習内容も塾生が自由に補習、進学を選択することができます。

「家庭教師のような教え方」というのがセールスポイントで、塾生一人ひとりの実力に合った指導ができるというメリットがあります。

現在このような「個人指導塾」タイプの塾が急増しています。

これには、塾側の理由もあるのです。

完全図解!情報起業家向けホームページテンプレート
なぜ週休2日制の導入でゆとりがなくなったのか
親も子供も訴える学力低下への不安
学校週5日制時代の塾の役割とはなにか
かつては塾が“庶民の学校”だった
生徒や親は「やる気がある先生に教わりたがっている」
いま、なぜ塾がこれほどまでに注目されるのか
特別な認可は必要なし。開業資金もそれほど必要ない
規模別・開業費別に見た塾の種類
手軽にできる【自宅兼用塾】の魅力
まずは【小規模塾】から始めましょう
経営のコツをつかんだら【中規模塾】をめざそう
塾の指導内容で4つの塾に分類できる
なぜ今、個人指導塾が増えているのか
どんなスタイルの塾にするか
塾の指導理念・方針を明確にする
すぐにぶつかる塾経営の「壁」とは何か
開塾半年が勝負〜子供たちにはここを見られている〜
塾成功の方程式
子供たちが作る塾
学校と同じ事をやっていてはダメ
なぜ、「個別指導」のスタイルの塾が繁盛しているのか
自分の塾ならではの「売り」がないと長続きしない
こっそり教える支持される指導法のヒント
塾もラーメン屋と同じで「仕込み」の時間が重要です
塾生はやめたくなればサッサとやめていく
新しい塾のスタイルは自分で作るものだ
教室は「人の目につくところ」に開く
看板は明るく、キャラクター入りが効く
机とイスは学校と違うものを使いましょう
教室に必要なものはコレ
教室はできるだけシンプル、清潔に
先生は必ずスーツ姿で
塾は遅くても昼すぎには開けましょう
テキストは塾専用の教材を使いましょう
教材選びで基準にすべきこと
すぐに使えるお薦め教材
地元の塾教材販売会社は使ってはいけない
オリジナルテキストを簡単に作る方法
絶対に理解させる授業のテクニック
講師採用のノウハウ
塾長が表に出なくなったらその塾は終わりです
月謝の決め方のポイント
あきれた親たちの言動に負けてはいけません
塾を軌道に乗せる3つの法則
1年の計は4月にあり
新年度塾生募集に向けた準備は5ヶ月前までに終わらせましょう
塾生募集に必要な書類とその作り方
「早め早め」の準備が塾を成功へと導きます
学校よりも「早め」に教科書を進めます
テスト前には「早め」に問題を反復練習させましょう
夏期講習や冬期講習も「早め」の準備が成功の秘訣
受験に向けた個人面談も学校より「早め」に行いましょう
塾にも満たすべき指標があります
塾にやれることはまだまだたくさんあります
塾生の「学び方」にはいろいろな選択肢が必要です
変わる塾経営の現場で生き残るには自己改革が必要
こんな塾経営者には絶対になってはいけません
繁盛塾へのバッシング−同業者からの逆風
繁盛塾へのバッシング−近隣商店からの逆風
塾繁盛へのバッシング−教材販売会社からの逆風
塾を運営していく上での最大の敵は『親』
なぜ、塾にはヨコのつながりがないのか
年商3,000万円スモールビジネス起業の極意
脱・待機児童!認可保育園”グレーソーン”入園案内
【AYU式】フロントライン・マーケティング
輸出大百科【2000本突破!】



学習塾を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。