学習塾を始めて儲ける方法 

【無料ソフト版】情報起業スーパーテンプレート

塾経営は、決して楽な商売ではありません。数多く塾経営に携わる人がいる中でも、成功し生き残れるのは、ほんの一握りの人たちであるということを肝に銘じなければなりません

サイトマップ

特別な認可は必要なし。開業資金もそれほど必要ない

塾を開くには、特別な許可や認可などは何も必要ありません。



極言すると、教室として適当な場所があり、机とイス、黒板(今、塾業界で流行しているパーティションで教室を区切り、生徒を一人ひとり指導する個別指導方式を採用すれば黒板も不要ですが)さえあれば塾はすぐにでも始めることができます。

塾の教室にしても、高い家賃を払ってテナントを借りたり、借金をして新しく建物を建てたりする必要はありません。

まずは自分の家の空きスペースやアパートの一室を利用して教室を開いてもいいのです。

こうした塾を開いている人も実際に多くいらっしゃいます。

こんなに簡単にはじめられる事業は他にないかもしれません。

やろうという気持ちがあれば、思ったその日が“塾の開校日”です。

やる気さえあれば誰にでも簡単に始められますが、実際には少子化により、塾に通う子供は少なくなり、昨今の不況による教育費の目減りなど、塾経営を取り巻く状況は決して甘くはありません。

では、塾を始めようとする場合どれくらいの資金が必要となるのでしょうか。

前述したとおり、塾は適当な場所、机、イスがあれば今すぐにでも始められますので、ほとんど資金を必要とせず開業できます。

しかし、どのような種類の塾を目指すかによって、その開業資金の額は変わってきます。

完全図解!情報起業家向けホームページテンプレート
なぜ週休2日制の導入でゆとりがなくなったのか
親も子供も訴える学力低下への不安
学校週5日制時代の塾の役割とはなにか
かつては塾が“庶民の学校”だった
生徒や親は「やる気がある先生に教わりたがっている」
いま、なぜ塾がこれほどまでに注目されるのか
特別な認可は必要なし。開業資金もそれほど必要ない
規模別・開業費別に見た塾の種類
手軽にできる【自宅兼用塾】の魅力
まずは【小規模塾】から始めましょう
経営のコツをつかんだら【中規模塾】をめざそう
塾の指導内容で4つの塾に分類できる
なぜ今、個人指導塾が増えているのか
どんなスタイルの塾にするか
塾の指導理念・方針を明確にする
すぐにぶつかる塾経営の「壁」とは何か
開塾半年が勝負〜子供たちにはここを見られている〜
塾成功の方程式
子供たちが作る塾
学校と同じ事をやっていてはダメ
なぜ、「個別指導」のスタイルの塾が繁盛しているのか
自分の塾ならではの「売り」がないと長続きしない
こっそり教える支持される指導法のヒント
塾もラーメン屋と同じで「仕込み」の時間が重要です
塾生はやめたくなればサッサとやめていく
新しい塾のスタイルは自分で作るものだ
教室は「人の目につくところ」に開く
看板は明るく、キャラクター入りが効く
机とイスは学校と違うものを使いましょう
教室に必要なものはコレ
教室はできるだけシンプル、清潔に
先生は必ずスーツ姿で
塾は遅くても昼すぎには開けましょう
テキストは塾専用の教材を使いましょう
教材選びで基準にすべきこと
すぐに使えるお薦め教材
地元の塾教材販売会社は使ってはいけない
オリジナルテキストを簡単に作る方法
絶対に理解させる授業のテクニック
講師採用のノウハウ
塾長が表に出なくなったらその塾は終わりです
月謝の決め方のポイント
あきれた親たちの言動に負けてはいけません
塾を軌道に乗せる3つの法則
1年の計は4月にあり
新年度塾生募集に向けた準備は5ヶ月前までに終わらせましょう
塾生募集に必要な書類とその作り方
「早め早め」の準備が塾を成功へと導きます
学校よりも「早め」に教科書を進めます
テスト前には「早め」に問題を反復練習させましょう
夏期講習や冬期講習も「早め」の準備が成功の秘訣
受験に向けた個人面談も学校より「早め」に行いましょう
塾にも満たすべき指標があります
塾にやれることはまだまだたくさんあります
塾生の「学び方」にはいろいろな選択肢が必要です
変わる塾経営の現場で生き残るには自己改革が必要
こんな塾経営者には絶対になってはいけません
繁盛塾へのバッシング−同業者からの逆風
繁盛塾へのバッシング−近隣商店からの逆風
塾繁盛へのバッシング−教材販売会社からの逆風
塾を運営していく上での最大の敵は『親』
なぜ、塾にはヨコのつながりがないのか
年商3,000万円スモールビジネス起業の極意
脱・待機児童!認可保育園”グレーソーン”入園案内
【AYU式】フロントライン・マーケティング
輸出大百科【2000本突破!】



学習塾を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。