10号文書:保険証券|印紙税Q&Aサイト



10号文書:保険証券

印紙,税,実務

主な文書:

保険証券


定義:保険証券という名称に限らず、保険法6条1項(損害保険契約締結時の書面交付)、40条1項(生命保険契約締結時の書面交付)または69条1項(障害疾病定額保険契約の締結時書面交付)その他法令の規定により、保険契約にかかる保険者が当該保険契約を結ぶ時、当該保険契約にかかる保険契約者に対して交付する書面(当該保険契約者からの再交付請求により交付するものを含み、保険業法3条5項3号に掲げる保険に係る保険契約その他政令で定める保険契約にかかるものを除く)をいいます。

 

用語説明:

1 保険証券


保険者が保険契約の成立を証明するため、保険証券の名称を使って契約者に交付するものです。


2 記載事項の一部を欠く保険証券


記載事項の一部を欠く保険証券でも、その効用を有するものは第10号文書の扱いになります。


3 保険証券の記載内容変更


証券作成後、保険の目的の所在地変更、職業・作業内容変更、保険金額の変更、契約上の権利譲渡または相続等が発生した場合、保険契約者または被保険者からの通知に基づき、保険証券に承認裏書か承認書を別に作ることがありますが、これらによって保険証券が新たに作られることになりませんから、印紙税の課税はありません。