6号文書:定款|印紙税Q&Aサイト



6号文書:定款

印紙,税,実務

主な文書:

定款、変更定款


定義:会社(相互会社を含む)の設立時に作成される原本に限ります。

 

用語説明:

定款

定款とは、株式会社/合名会社/合資会社合同会社/相互会社の設立の際に作成される定款の原本を指します。

定款の原本→公証人の認証を受けた公証人が保存する1通を指します。公証人から会社へ返還されたものは含みません。

変更定款

会社の設立にあたり、公証人の認証を受けた定款の内容を変更する場合の、その旨を記載した公証人の認証を要する書面は、例え「変更定款等」と書かれたものであっても第6号文書にはあたりません。


なお、変更後の全文によって認証を受ける時は、新たな定款を作成したことになり、その原本は第6号文書となります。