保育園ビジネスを始めて儲ける方法 

【無料ソフト版】情報起業スーパーテンプレート

子供の将来のことを考える一方で自分の人生も充実させたいという考えをもっている親達が増えることで保育園ビジネスはこれから期待できるビジネスとなるのです

サイトマップ

他のエリアに挑戦する

園の規模を増やす方法として、他のエリアで新たな園を始めるということも考えられます。



しかし、新たなエリアで挑戦するということは、園を始めた時と同じように、開園の費用も営業面の労力もかかってくるといえます。

ですが、1度経験している運営のノウハウなどを生かせる上に、初めの園の実績などもあるため以前よりはスムーズに開園できるでしょう。

しかも、2園に増えるということは、単純に考えても利益も2倍になるということになります。

リスクはありますが、その分見返りも大きくなるのです。

はじめから、園の拡大を考えに入れているのであれば、1つの園が軌道に乗った時から、次の園の開園資金を貯めておくと良いでしょう。

もう一つの園を開園する際に注意すべき事は、名前です。

同じ名前を付けがちですが、同じ名前を付けたことでのメリットはあまりありません。

メリットよりも一方の園で問題が起こった際などは、デメリットの方が多いといえます。

したがって、同じ名前は、避けた方がいいといえます。

また、最初の園で成功したノウハウが他のエリアでも通用すると思いこむのは危険といえます。

地域ごとに微妙に需要など違ってきますので、情報集めやそのエリアにあったサービスを盛り込むことは忘れてはいけません。

なお、助成の面でも努力してみると良いでしょう。初めの園で受ける事が出来なかったとしても次の園では、助成が受けられるような形態を作る努力をして見ると良いでしょう。

仮に、助成を受ける事ができれば、どちらの園にもメリットがある上、このような経験自体が良いものとなってくるはずです。

複数の園を経営することは、園長にそれなりのセンスが必要ですが、トータルして利益が増えてくれば1つ1つの園の設備や環境を充実させることも出来るのです。

保育スタッフの待遇面の向上や、幼児教育面でも専門スタッフを循環訪問させる事ができ、備品や教材なども多く購入することで安く揃えられます。

しかも、園をもっと運営していく事で将来的には直営の園やフランチャイズ展開まで可能になり、全国的に保育園事業として運営することも可能になるかもしれないのです。

完全図解!情報起業家向けホームページテンプレート
保育園ビジネスは少子化でも可能
保育園はこれからより必要になる
許可・許可外の両方が存在する
許可外保育園の種類とは
人それぞれ望みは違う
許可外園がこれからの保育を握る
認可外の園長には誰でもなれる
認可外園はすぐにはじめられる
経営力は必要ない
認可外の利益とは
保育の現場では、仕事に妥協は許されない
資金はどのくらい?
開園時期を見極める
場所選びはどうする?
認可外に向く立地とは?
認可外に適した物件パート1
認可外に適した物件パート2
保育士が園の運命を握る
求人のノウハウ
面接で大事なことは
開園に当たって準備する書類
保育料の決め方
運営内容の決め方
保育園の1日とは
開園から1カ月以内に届け出を
助成金を受け取れるか確認を
チラシの配布による宣伝効果ついて
効果的なチラシとは
宣伝媒体の活用方法は
地域に根付いた保育園
良い関係は良い宣伝に
近隣の認可園とのかかわり方
あらゆる応対も親身かつ丁寧に
園を選ぶ基準とは
入園を決定付ける面接とは
費用をかけるべきポイントを知る
自分の努力で経費は節約できる
備品の購入費は抑えて
保護者の協力も大切
少ないスタッフでも効率よく
ベビーフェンスで空間利用
公共施設を利用する
ちょっとした事もクレームに成りうる
クレームを未然に防ぐには
入園前に子供の状態は把握しておく
保護者との信頼関係を強める
損害保険の重要性
保育園の衛生管理
乳幼児の健康管理
保育園の安全管理
救急処置は必ず身につけておくべき
医療機関との連携
事故の記録を残す
立ち入り調査で気を付けるポイント
園長より社長となる
利益を求める事を考える
フランチャイズ加盟は良いの?悪いの?
保育士の前では園長の顔で
アイディアで儲ける
認可を利用できない保護者をターゲットに
園の規模を大きくするには
他のエリアに挑戦する
預かり時間を増やす
年商3,000万円スモールビジネス起業の極意
脱・待機児童!認可保育園”グレーソーン”入園案内
【AYU式】フロントライン・マーケティング
輸出大百科【2000本突破!】



保育園ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。