保育園ビジネスを始めて儲ける方法 

【無料ソフト版】情報起業スーパーテンプレート

子供の将来のことを考える一方で自分の人生も充実させたいという考えをもっている親達が増えることで保育園ビジネスはこれから期待できるビジネスとなるのです

サイトマップ

経営力は必要ない

認可外保育園を商売として考えた場合、利益の管理がしやすい商売と言えるでしょう。



運営の基本である月額保育、一時保育の料金は事前に入ってくることから毎月の出費例えば人件費、家賃などの計算が容易だということです。

そのため、もし開園時から園児を獲得することがある程度できた場合などの運営資金は最初の1カ月のみとなります。

もちろん、月契約、日契約となることから次の月の収入が保証されるものではないのですが、他のサービス業と比べると翌月の予想の立てやすい安定した商売と言えるでしょう。

しかも、出費の額というのも額が決まっているので、子供が何人集まれば黒字になるとわかってさえいればだいたいの計算で運営できるのです。

このことにより認可外園というのはかなりリスクの少ない商売であると言えます。

最低15坪ぐらいのスペースに先生2人から運営可能で高額な設備なども必要ないため他のサービス業では考えられないほど小規模から始められることが出来るのです。

提供するのは、保育という形ないサービスで在庫を抱える心配さえないのです。

園児数というものは、時期的なものによって影響を受けますが、需要というものは安定しており景気によって左右されるものではありません。

また、一度月極契約を交わした園児は、よほどのことがない限り途中でやめるなどということはないため、このような月極契約が増えれば増えるほど収入は安定すると言えます。

ちなみに、月極の園児が途中でやめていく場合というものには次のようなことがあります。

認可に空きが出来た場合、園で何か問題があった場合、近くに魅力的な園が出来た場合などでしょう。

さらに、認可外保育園には特別なノウハウが問われる心配はないので参入しやすい事業といえます。

このようなことから、認可外保育園の場合、まったく経験のない方が脱サラして始めるにも、定年後始めるにしても、さほど難しいことはないと言えます。

本業との両立が可能ならば、副業として認可外保育園を始める事も不可能ではないでしょう。

ただし、そのような場合運営に関して任せられる右腕となってくれる方、あるいは共同経営者なるものがいた方が良いと言えます。

完全図解!情報起業家向けホームページテンプレート
保育園ビジネスは少子化でも可能
保育園はこれからより必要になる
許可・許可外の両方が存在する
許可外保育園の種類とは
人それぞれ望みは違う
許可外園がこれからの保育を握る
認可外の園長には誰でもなれる
認可外園はすぐにはじめられる
経営力は必要ない
認可外の利益とは
保育の現場では、仕事に妥協は許されない
資金はどのくらい?
開園時期を見極める
場所選びはどうする?
認可外に向く立地とは?
認可外に適した物件パート1
認可外に適した物件パート2
保育士が園の運命を握る
求人のノウハウ
面接で大事なことは
開園に当たって準備する書類
保育料の決め方
運営内容の決め方
保育園の1日とは
開園から1カ月以内に届け出を
助成金を受け取れるか確認を
チラシの配布による宣伝効果ついて
効果的なチラシとは
宣伝媒体の活用方法は
地域に根付いた保育園
良い関係は良い宣伝に
近隣の認可園とのかかわり方
あらゆる応対も親身かつ丁寧に
園を選ぶ基準とは
入園を決定付ける面接とは
費用をかけるべきポイントを知る
自分の努力で経費は節約できる
備品の購入費は抑えて
保護者の協力も大切
少ないスタッフでも効率よく
ベビーフェンスで空間利用
公共施設を利用する
ちょっとした事もクレームに成りうる
クレームを未然に防ぐには
入園前に子供の状態は把握しておく
保護者との信頼関係を強める
損害保険の重要性
保育園の衛生管理
乳幼児の健康管理
保育園の安全管理
救急処置は必ず身につけておくべき
医療機関との連携
事故の記録を残す
立ち入り調査で気を付けるポイント
園長より社長となる
利益を求める事を考える
フランチャイズ加盟は良いの?悪いの?
保育士の前では園長の顔で
アイディアで儲ける
認可を利用できない保護者をターゲットに
園の規模を大きくするには
他のエリアに挑戦する
預かり時間を増やす
年商3,000万円スモールビジネス起業の極意
脱・待機児童!認可保育園”グレーソーン”入園案内
【AYU式】フロントライン・マーケティング
輸出大百科【2000本突破!】



保育園ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。