不安障害を説明するサイト 

パニック障害や不安障害を防ぐには?パニック障害克服法

未知のものに不安を感じる理由は、この先の安全が確保されていないからです。このように、不安は安全確保のための重要な役割を果たしています

サイトマップ

不安を感じると身体に起こること

「闘争か逃避か」反応
不安を感じたときにおこる生理学的な反応を「闘争か逃避か」反応と呼びます。これは、生体が危機にさらされたときにその脅威から逃げるために・・・

パニック発作とは
パニック発作は、「闘争か逃避か」反応が強い状態であると言えます。そして、人それぞれ症状は違いますが、一般的にパニック発作が起こると、次のような症状が現れると言われています。

パニック障害とは
パニック発作を起こす人のすべてがパニック障害になるわけではありません。パニック障害と診断されるケースは、次の両方に該当する場合です。

呼吸で身体の状態をコントロールする
不安のときの身体反応に対処するもっとも重要なことは呼吸です。不安反応は、主に自律神経によります。しかし、自律神経は、筋肉を動かす神経などとは異なり、私たちが直接コントロールすることができません。

症状よりも先に自分のストレスに気づく
呼吸と筋肉を意識してリラックスすることは、たいへん役立ちますが、それですべての身体反応がコントロールできるわけではありません。

不安に強い身体を作る
不安と身体は密接にかかわっています。不安は精神的なものですが、不安という刺激を受けた身体は、一連の反応を起こします。そして、その反応から不安がさらに強まります。

医師もカウンセラーも治せない 「社会不安障害SADの対処と克服の仕方」 不安症・不安障害から抜け出す方法 1分でできる19の対処と克服法/一生使える自分のみつけ方 マインドサポートプログラム
TOP
不安の正体
不安障害という病気とは
不安を感じると身体に起こること
「闘争か逃避か」反応
パニック発作とは
パニック障害とは
呼吸で身体の状態をコントロールする
症状よりも先に自分のストレスに気づく
不安に強い身体を作る
対人関係に対する不安
不安と認知の悪循環
不安と回避
不安とトラウマの関係
不安障害の人と接するには
不安を単なる感情に戻す
最短9分でパニック障害を克服!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害克服プログラム
うつ病・不安神経症(パニック障害)を克服する為に!
阪神大震災で自宅が全壊、そのストレスから重度のパニック障害を発症した著者が【3つのステップでパニック障害を改善させるプログラム】を公開
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)
借り換え 住宅ローン ランキング







不安障害を説明するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。