不動産屋を始めて儲ける方法 

〜メガバンク出身の現役不動産鑑定士が教える〜初心者でもできる!不動産投資プラチナ指値術

不動産業の基礎知識から開業方法・経営のポイントやノウハウまで、不動産屋を始めようと思ったらまずは見て欲しいサイトです

サイトマップ

宅建主任者と宅建業免許の違いとは|不動産屋の実態とその基本的知識を知る

よくある誤解に、宅建業免許と宅建主任者資格の混同があります。



宅建業免許は、宅建業を行うための免許で、この免許資格のための試験はなく、宅建主任者を一定数雇うこと等の免許取得条件さえ満たせば、どなたでも免許を受けることができます。

免許取得の1つに宅建主任者を一定数雇わなければならないことから、不動産業界では宅建主任者が人気で、不動産業界への就職や転職が有利になるのです。

現在の規定は、社員5名に1人が宅建主任者であることが義務化されていますが、今後は3人に1人の割合になる予定です。

このことから、宅建主任者資格受験者は増加すると見られます。

以上からお分かりの通り、宅建業免許は、会社が取得し、宅建主任者を雇用する図式になります。

人件費を無くすには、自分で宅建主任者資格を取得し、開業すれば良いのです。

企業に際して宅建主任者を雇用することも考えられますが、先ずは、自分で取得することをお薦めします。

それでは、次ぎに宅建主任者の役割について考えます。

宅建主任者の役割は、宅建業者が法律に違反しないように、契約等の重要な場面で、法律的なチェックをすることです。

安定堅実、そして加速度的に資産を増やす不動産投資15のステップ
不動産屋の実態とその基本的知識を知る
不動産屋の成功条件とは
何でも相談型の不動産屋は、経営失敗のもと
失敗する、一匹狼型の経営
宅建資格保持者が独立開業しないのは何故か
宅建主任者と宅建業免許の違いとは
宅建主任者資格取得は難関か
合格後は実務講習を受ける
不動産屋は宅建業だけが飯のタネではありません
不動産屋と売り主の契約
開業し易い不動産屋の形態とは
賃貸仲介業を業務の柱とする開業方法
物件広告とホームページ戦略はどうするか?
入居者斡旋と物件紹介の実務
入居審査と賃貸借契約の実務
賃貸不動産屋が売り上げを倍増戦略
不動産売買を業務の柱とする商売方法
不動産業における差別化戦略の方法
不動産屋の開業手順
トラブル事例とその解決方法
不動産投資家のための「商工中金」完全マニュアル 融資審査で落ちまくった人に朗報!アパート・マンションを融資を駆使して購入し、短期間で資産と収入を増加する仕組み
マスコミも来る儲かる不動産コンサルタントが「そっと教える」不動産コンサルタントのなり方とその威力〜実践に即した不動産屋さんになる!
絶対成功!区分不動産投資法
空室対策で高利回り 不動産投資家養成プログラム The大家さんマーケティング 2ndインパクト



不動産屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。