不動産屋を始めて儲ける方法 

〜メガバンク出身の現役不動産鑑定士が教える〜初心者でもできる!不動産投資プラチナ指値術

不動産業の基礎知識から開業方法・経営のポイントやノウハウまで、不動産屋を始めようと思ったらまずは見て欲しいサイトです

サイトマップ

宅建主任者資格取得は難関か|不動産屋の実態とその基本的知識を知る

宅建試験は、合格率15%位なので、それほど難関試験ではありません。



また、法律試験の登竜門と言われていますが、簡単な試験と思っている方も多いと言えます。

以前は法律試験と言いながら、常識で回答できるかなり平易な問題でしたが、最近ではこの考えは当てはまりません。

合格率15%と言うと、7人に1人しか合格できない試験です。

基本的事項を確実にしていないと合格できません。

ただ、勉強の方法を間違えなければ、かなりの確率で合格できます。

受験テクニックは、多くのサイトや参考書に書かれていますが、そのポイントは、過去問の徹底した学習と宅建業法や法令制限分野の確実な知識習得です。

過去問だけで合格できるのか不安を感じる方も多いのですが、10年分の過去問を解き、その正答率を95%まで上げ、選択肢の1つ1つを基本書や条文に照らし合わせる勉強法を採ればそれで充分です。

ただ、この作業は初めて宅建試験を受ける方には、かなりの時間がかかります。

正解を確実にするには、過去問を少なくても5、6回繰り返し解くことになるのが普通で、1年で合格するには、毎日2、3時間の学習時間の確保が必要と言われます。

これでは、時間のないビジネスマンにとって無理があるとも言えます。

そこで、多くの受験生が専門学校等を利用して短期間での合格を目指しています。

多少お金はかかりますが、この方が効率的とも言えます。

また、受験期間中は不安感が伴いますが、受験仲間と話し、将来の開業に向けての話をすれば、不安解消と共に、将来の人脈も出来ます。

宅建試験には、5点免除制度があります。現在不動産会社にいる方は、5点免除講習を行うことも検討課題です。

不動産会社での従事期間に関係なくこの免除規定が適用されます。

3万円程度の講習料はかかりますが、仕事と勉強のバランスを考慮してこの制度を検討するのも一考です。

安定堅実、そして加速度的に資産を増やす不動産投資15のステップ
不動産屋の実態とその基本的知識を知る
不動産屋の成功条件とは
何でも相談型の不動産屋は、経営失敗のもと
失敗する、一匹狼型の経営
宅建資格保持者が独立開業しないのは何故か
宅建主任者と宅建業免許の違いとは
宅建主任者資格取得は難関か
合格後は実務講習を受ける
不動産屋は宅建業だけが飯のタネではありません
不動産屋と売り主の契約
開業し易い不動産屋の形態とは
賃貸仲介業を業務の柱とする開業方法
物件広告とホームページ戦略はどうするか?
入居者斡旋と物件紹介の実務
入居審査と賃貸借契約の実務
賃貸不動産屋が売り上げを倍増戦略
不動産売買を業務の柱とする商売方法
不動産業における差別化戦略の方法
不動産屋の開業手順
トラブル事例とその解決方法
不動産投資家のための「商工中金」完全マニュアル 融資審査で落ちまくった人に朗報!アパート・マンションを融資を駆使して購入し、短期間で資産と収入を増加する仕組み
マスコミも来る儲かる不動産コンサルタントが「そっと教える」不動産コンサルタントのなり方とその威力〜実践に即した不動産屋さんになる!
絶対成功!区分不動産投資法
空室対策で高利回り 不動産投資家養成プログラム The大家さんマーケティング 2ndインパクト

















不動産屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。