犬の病気ガイド〜症状・薬・治療〜 

愛犬家のための犬のしつけ

犬の飼い主は、愛犬から多くのものを与えられる。犬が近くにいることで、精神的な安らぎがある。その愛犬に飼い主がすべきことは、愛情をこめて健康管理をすることである。

サイトマップ

病気のサイン

犬の飼い主が、愛犬のためにできる一番大事なこと

犬の飼い主は、愛犬から多くのものを与えられる。



犬が近くにいることで、精神的な安らぎがある。

その愛犬に飼い主がすべきことは、愛情をこめて健康管理をすることである。

病気になった時の判断も当然である。

第1は、飼い主は犬が見せる病気のサインをすばやくつかむことである。

第2は、飼い主なら充分に理解しておくべき犬の病気について、原因や治療法を日頃から理解しておくこと。

第3は、動物病院に関する疑問や日常のケア方法である。


病気のサイン

言葉を話せない犬は、飼い主にいろいろなサインを送る。そのサインを飼い主はチェックする。以下は、事例である。

お腹を下す
犬も人間と同様に食べ物の残りカスは、ウンチとして肛門から排出される。正常なウンチは、形がしっかりしていて、取った後に・・・

吐く
愛犬が吐いた場合、3種類ある。「おう吐」(胃でいったん消化したものを吐く)「吐出」(消化する前に吐き出す)「せき」(全体の40%)で・・・

よだれが異常に多い
よだれが多い原因は3つある。第1は口腔内の疾患、第2は食道及び胃袋の疾患、第3はその他。そのうち最も多いのは、1番目の口腔内の・・・

目がおかしい
まず黒目と白目両方の色を調べる。黒目の部分が白く濁っていたら、白内障。白目の部分が赤く充血して・・・

しきりに頭を振る
犬が頭を振るのは、耳の穴に炎症を起こし、かなり進行している状態である。耳の穴を定期的に点検し、そうじやシャンプー・・・

カラダをしきりにかく
犬も人間と同様にカラダをかくことがあるが、かゆくてカラダをかく「かゆみ行動」の他に、ストレスが原因でカラダをかくこともある。犬がカラダを・・・

毛が異常に抜ける
かゆみのない脱毛に、季節による換毛がある。これは異常ではない。たいていの犬は初夏と秋の2回、毛が抜け変わる。これは、異常と・・・

せきをする
せきをするのは呼吸器に異常がある証拠である。犬の場合はからんだタンを切る時のようなせきである。
他に呼吸器以外の症状も・・・

やせる
犬の体重のチェック方法は、脂肪のつき具合を触って触って確かめるのが一番シンプルで確実である。ただしこの方法は、生後3〜4ヶ月と・・・

お腹が膨らむ
お腹が膨らむと言っても二通りある。肥満と腹部膨大である。肥満は、明らかなカロリー過多であり、腹部膨大の場合は、内臓などに・・・

水をよく飲み、たくさん排尿する(多飲多尿)
まず排尿回数と量をチェックすることから始める。犬は24時間で体重1キロ当たり40〜50ミリリットルぐらいの水を飲み・・・

歩き方がおかしい
歩き方がおかしい場合、脚だけに問題があると断定できない。獣医師は関節まわりだけでなく、脳神経やお腹の中の疾患まで含め・・・

背中を丸めているなど姿勢がおかしい
まず、犬がどんな時にどんな姿勢になるかチェックすべきである。いつもおかしな姿勢をしていたら、骨や関節、筋肉、神経に異常が・・・

臭いニオイがする
まずニオイの出所を突き止めることから始めるべきである。ニオイの異常は、皮膚、尿、便、口。皮膚病は、甘ったるい嫌なニオイが・・・

病気のサイン
お腹を下す
吐く
よだれが異常に多い
目がおかしい
しきりに頭を振る
カラダをしきりにかく
毛が異常に抜ける
せきをする
やせる
お腹が膨らむ
水をよく飲み、たくさん排尿する(多飲多尿)
歩き方がおかしい
背中を丸めているなど姿勢がおかしい
臭いニオイがする
飼い主がきちんと理解しておきたい犬の病気
犬種別 かかりやすい病気
年齢別 かかりやすい病気
動物病院についての説明
病院で処方される薬について
飼い主にとっていい病院とは
予防接種(特にワクチン)について
去勢・不妊手術について
飼い主ができる健康管理
脳から成功を導く転職バイブル書
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座
ペットショップの4分の1の価格で子犬を買う方法!
噛む犬を専門的にしつけてきたカリスマトレーナーのしつけ法







































































犬の病気ガイド〜症状・薬・治療〜 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。