介護福祉士試験対策 

福祉介護業界の有資格者が独立し年収1000万円を得るためのマニュアル

国家試験である介護福祉士の試験対策マニュアルです。

サイトマップ

障害の理解

障害の基礎的理解
ICF(国際生活機能分類)は平成13(2001)年に世界保健機関(WHO)によって提唱されました。もともとのICIDH(国際障害分類)が改訂されたものです。ICIDHに環境因子、個人因子、健康状態の視点が加わりました。ICFは個々の生活機能をより具体的に見るツールです。

過去問題と解答・解説28

障害の医学的側面の基礎的知識
身体障害には、視覚、聴覚・平衡・言語・咀嚼、肢体不自由、内部の障害などの種別があります。内部の障害は、心臓、腎臓、呼吸器、膀胱・直腸、小腸、肝臓、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害(HIV)を言います。視覚は通常、視力、視野、色覚、光覚、屈折、調節、両眼視などの機能を持っています。

過去問題と解答・解説29

過去問題と解答・解説30
肢体不自由は、脊髄損傷、脳性麻痺、脳血管障害、関節リウマチ、四肢欠損・切断、進行性筋ジストロフィー、頭部外傷などが原因疾患の主なものです。

過去問題と解答・解説31
慢性腎臓病の場合は、特にたんぱく質、塩分、水分などの食事制限が必要になってきます。腎臓の残存機能の状態を、発生機序によって腎前性(血流関連)、腎性(内因性疾患)、腎後性(膀胱頸部の閉塞)に分けています。

過去問題と解答・解説32
精神障害には、内因性精神障害、外因性精神障害、心因性精神障害がありますが、この分類は原因によります。精神障害はWHOによるICD-10(国際疾病分類)と、アメリカ精神医学会によるDSM-TRが診断基準として用いられます。

過去問題と解答・解説33
知覚障害は、フェニルケトン尿症、クレチン症、ダウン症など、さまざまな原因で生じます。フェニルケトン尿症はアミノ酸フェニルアラニンの代謝異常によって、クレチン症は甲状腺ホルモンの作用不全、ダウン症は染色体異常によって起こります。

過去問題と解答・解説34
障害者基本法において、「身体障害、知的障害または精神障害があるため、継続的に日常生活または社会生活に相当な制限を受ける者」と障害者を定義していますが、これ以外にも発達障害があります。

連携と協働
障害のある人を支援するのにも、連携や協働は必要不可欠です。地域におけるサポート体制やチームアプローチは重要なものです。

家族への支援
家族への支援の一つにレスパイトサービスがあります。レスパイトサービスは、障害のある人を持つ家族を一時的に介護から解放するためのものです。

介護福祉士らくらく合格勉強法〜問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格〜
TOP
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
障害の基礎的理解
過去問題と解答・解説28
障害の医学的側面の基礎的知識
過去問題と解答・解説29
過去問題と解答・解説30
過去問題と解答・解説31
過去問題と解答・解説32
過去問題と解答・解説33
過去問題と解答・解説34
連携と協働
家族への支援
こころとからだのしくみ
介護サービス利用者獲得マニュアル
訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック
介護士さん必見!もう福祉レクで悩まない!!
不合格から学ぶ合格法(試験直前編、宅建、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、社会保険労務士、登録販売者、ITパスポート、土木施工管理技士、簿記、司法書士、中小企業診断士、税理士勉強法)
ろうきん 金利 推移


















介護福祉士試験対策 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。