介護福祉士試験対策 

福祉介護業界の有資格者が独立し年収1000万円を得るためのマニュアル

国家試験である介護福祉士の試験対策マニュアルです。

サイトマップ

介護の基本

介護福祉士を取り巻く状況
介護に携わるにあたって、介護の歴史や介護問題の背景を理解しておく必要があります。

介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ
社会福祉士および介護福祉士法は、昭和62(1987)年に制定されました。平成19(2007)年の改正で、介護福祉士の定義規定が見直されています。

尊厳を支える介護
平成17(2005)年に改正された介護保険法で、第1条(目的)は「この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護および療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービスおよび福祉サービスにかかる給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上および福祉の増進を図ることを目的とする」とされています。

過去問題と解答・解説8

自立に向けた介護
介護福祉士には「尊厳を支える介護」を提供することが求められます。自立支援、および個別ケアは利用者の尊厳を支える介護を提供するうえで、大切なことです。

過去問題と解答・解説9

介護を必要とする人の理解
人は、それぞれが生きてきた環境や文化的背景が異なります。ですからそれぞれに、習慣やものの考え方も異なります。さまざまな要因が、人の生活様式や生活のとらえ方に変化をもたらします。身体的・精神的な成長発達過程や役割の変化などもその要因のひとつです。

介護サービス
心身の障害や病弱によって、介護を必要とする要介護者に対して、身体的・心理的・社会的自立に向けて支援し、自分らしい生活が送れるように援助するサービスが介護サービスです。

介護実践における連携
介護の実践において多職種の連携や地域の連携は、利用者の問題解決や支援を行ううえで重要なことです。多職種連携(チームアプローチ)とは、それぞれの専門職がその特性を活かしながら、利用者の問題解決に向けて協働して取り組む方法です。

過去問題と解答・解説10

介護従事者の倫理
社会福祉士および介護福祉士法では、介護職に求められている倫理として、第44条では誠実義務、第45条では信用失墜行為の禁止、第46条では秘密保持義務、第47条では連携、資質向上の責務が規定されています。

介護における安全の確保とリスクマネジメント
介護における安全の確保とリスクマネジメントは、利用者の「尊厳あるくらし」を支えるためには不可欠なことです。リスクマネジメント(危機管理)は、事故の発生を未然に防止したり、発生した事故を速やかに解決したりすることによって、組織の損失を最小限に抑えることを目的としています。

過去問題と解答・解説11

介護従事者の安全
介護従事者自身の心身の健康は、要介護者の生活を支援するためにも大切なことです。こころと体の両方の健康管理に必要な知識や技術を理解しておかなければなりません。

介護福祉士らくらく合格勉強法〜問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格〜
TOP
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解
介護の基本
介護福祉士を取り巻く状況
介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ
尊厳を支える介護
過去問題と解答・解説8
自立に向けた介護
過去問題と解答・解説9
介護を必要とする人の理解
介護サービス
介護実践における連携
過去問題と解答・解説10
介護従事者の倫理
介護における安全の確保とリスクマネジメント
過去問題と解答・解説11
介護従事者の安全
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
介護サービス利用者獲得マニュアル
訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック
介護士さん必見!もう福祉レクで悩まない!!
不合格から学ぶ合格法(試験直前編、宅建、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、社会保険労務士、登録販売者、ITパスポート、土木施工管理技士、簿記、司法書士、中小企業診断士、税理士勉強法)
金利 wiki
























介護福祉士試験対策 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。