介護福祉士試験対策 

福祉介護業界の有資格者が独立し年収1000万円を得るためのマニュアル

国家試験である介護福祉士の試験対策マニュアルです。

サイトマップ

生活支援技術

生活支援
生活支援を行う前に、生活を理解する必要があります。生活は一人ひとり違ったもので、その主体者は生活をする本人です。

自立に向けた居住環境の整備
居住環境は、ICFにおいて「環境因子」の物的環境に含まれます。物的環境は自宅、施設、トイレなどの設備、家具などの用具があります。

過去問題と解答・解説13

自立に向けた身じたくの介護
高齢者や障害者は、装うことに億劫になりがちです。けれども身じたくは「自分らしさ」を表現する一つの方法でもあり、生活を快適かつ円滑にして、社会参加や生活意欲を高めるものなので、介護者が意識して利用者の日常生活の中に装いを楽しむ習慣を取り入れることが望まれます。

自立に向けた移動の介護
人間が日常生活を営むのには、必ず移動が伴います。食事・排泄・清潔・入浴・衣類の着脱などの日常生活動作(ADL)を介助するにあたって、基本的な技術や介助方法を把握しておかなければなりません。

過去問題と解答・解説14

過去問題と解答・解説15

自立に向けた食事の介護
食事の目的は、口からの栄養素の摂取によって生命を保ち、健康を維持・増進することです。それだけではなく、楽しく食事をすることは生活の質の向上につながるので、身体面だけでなく精神面においても大きな意義があります。

過去問題と解答・解説16

自立に向けた入浴・清潔保持の介護
入浴の第一目的は、身体の清潔保持や感染予防ですが、他にもさまざまな効果をもたらします。血行の促進、新陳代謝の活発化、適度な体力の消耗による安眠効果、浴槽内の浮力によって筋肉や関節を柔らかくする温熱効果、そしてリラックスによって生活意欲を高める効果も期待されます。

過去問題と解答・解説17

自立に向けた排泄の介護
排泄は身体に不必要な老廃物質を体外に出す生理現象です。生命の維持、健康な生活のために必要であり、かつ人間の尊厳にかかわる行為です。

過去問題と解答・解説18

自立に向けた家事の介護
家事は調理、買い物、洗濯、整理整頓、掃除、などの環境整備における日常生活行為のことを言います。家事支援の第一歩は利用者の生活歴やニーズを知ることです。

過去問題と解答・解説19

自立に向けた睡眠の介護
睡眠は日常生活を健康で安全に過ごすために必要な行為です。脳の休息という目的もあります。睡眠には浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠があり、通常は睡眠中にこれを繰り返しています。

終末期の介護(ターミナルケア)
終末期は、3〜6ヶ月というのが一般的ですが、高齢者は複数の疾病を持っていることが多いので、予後の予測は困難です。

過去問題と解答・解説20

介護福祉士らくらく合格勉強法〜問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格〜
TOP
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
生活支援
自立に向けた居住環境の整備
過去問題と解答・解説13
自立に向けた身じたくの介護
自立に向けた移動の介護
過去問題と解答・解説14
過去問題と解答・解説15
自立に向けた食事の介護
過去問題と解答・解説16
自立に向けた入浴・清潔保持の介護
過去問題と解答・解説17
自立に向けた排泄の介護
過去問題と解答・解説18
自立に向けた家事の介護
過去問題と解答・解説19
自立に向けた睡眠の介護
終末期の介護(ターミナルケア)
過去問題と解答・解説20
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
介護サービス利用者獲得マニュアル
訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック
介護士さん必見!もう福祉レクで悩まない!!
不合格から学ぶ合格法(試験直前編、宅建、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、社会保険労務士、登録販売者、ITパスポート、土木施工管理技士、簿記、司法書士、中小企業診断士、税理士勉強法)
金利 高い

























介護福祉士試験対策 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。