誰にでもわかっちゃう決算書の読み方入門 

8兆円企業を導き、時給70万円稼ぐ男が伝承する、印僑大富豪の教え『ジュガール』の隠された秘密

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など決算書類の読み方、見方がわかる入門ガイドです。

サイトマップ

決算書を簡単に読むために

ビジネスでお金の話は不可欠です。



そしてその動きが一目でわかるように表したものが決算書です。

決算書を読むことができれば営業や企画、交渉などだけではなく、就職や転職などにおいても有効となります。

けれども複雑な要素が絡みあっている決算書を読むことは難しく、決算書を読むことができる人は多くはありません。

この決算書の“ポイント”を見つけて理解することができれば、決算書を読むことは簡単になります。

「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」を読んで、なおかつ3つの決算書のつながりを理解することで、自然にお金の流れがわかってきます。

会社のお金が回っているかどうかで、その会社が良い会社か悪い会社かを見きわめることもできます。

会計初心者でも決算書を簡単に読むコツを身につけて、社会人としての会計知識を得ることによって今後のビジネスに生かしてください。

会計は空気と同じ 常に接しているもの

日常生活の中で気がつきにくいことですが、私たちは常に会計と接しています。

たとえばサラリーマンの人であれば、出勤するときの交通費、販売した商品など、さまざまな個人的な活動が会計として記録されるものとなります。

普段から接しているわけではない、なくても支障はないと思いがちですが、日々の活動のすべてが会計に影響を与え、それは決算書に反映されてきます。

そして会計はビジネスを表現する手段となっています。

このように重要な会計なのですが、会計が苦手という人は少なくありません。

けれども、この苦手を早めに克服することで人生が楽しいものになるかもしれません。

食べず嫌いで苦手なものは一度食べてみてはどうでしょう。

意外と何でもないかもしれません。好きになるかもしれません。

本当に嫌いになるのは、一度食べてからにしてはどうでしょうか。

決算書を学ぼうとしたが、どうも苦手だ

会計が難しいもの、苦手なもの、というのは、専門用語が多く一般向けでなかった会計書籍が原因しているのかもしれません。

このために食べず嫌いではなくて、食べてみたけれどもその結果苦手になったという人もいるでしょう。

けれども従来とは違って今では会計に関する書籍もわかりやすい一般向けのものが増えています。

会計自体が苦手なのではなくて、自分に合わない方法で付き合おうとした結果、うまくいかなかったのかもしれません。

会計も調理法次第でおいしいと感じるようになることもあるでしょう。

今までとは違う味を一度試してみましょう。


会計知識を身につけよう

会社での日常の業務では常に会計に関わっているのですが、決算書を見る機会というのはほとんどないと思います。

会計の利用価値というのは、自分の会社や事業所がより良くなるために使われることです。

そのために決算書の見方や会計知識を身につけて、さらには自社の決算書の変化という形で活用していければいいと思います。

他社の決算書を観察、分析することも必要かもしれませんが、最終的には自社の決算書を良い方向へ向けていくこと、そのための会計知識を身につけることが重要です。

決算書が読めることの利点

会計知識があれば、決算書を見ることで会社の状態がわかります。

そしてさらには会社の改善策がわかってきます。会社の財務上の特徴というのは利点も欠点もありますが、そのどちらが大きく影響しているか、ということを決算書から判断することが重要です。

そして会社における財務上の欠点が明らかになったら、次にその改善策を見つけ出すことができます。

自社の財務上の欠点を改善するための具体的な方法は、決算書の動的な変化を理解することです。

たとえば個々の従業員の行動が決算書に与える影響、そしてその結果における決算書の変化を発見できるようにしましょう。

決算書と似顔絵の意外な類似点

会社の特徴をつかむことで会社の状態がわかります。

会社の決算書を見たとき個別の勘定科目に目が行ってしまいがちですが、詳細の部分についての検討は後からでいいと思います。

会社の特徴をつかむためにはまず、全体としての印象を把握することを心がけましょう。

決算書とは無関係のようですが、似顔絵を描く技術が参考になります。

物事の全体をとらえること、そしてその特徴を引き出す似顔絵のコツは、決算書を読むことのコツと似ているかもしれません。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
決算書を簡単に読むために
決算書を読むためのステップ
お金の動きを見てみよう
会計は箱積みのようなもの
パッと見てわかる「貸借対照表」の読み方
簡単に理解できる「損益計算書」
キャッシュフロー計算書はウォーターフォールチャートで
IFRS(国際会計基準)も恐くない
会計を使って会社の利益につなげよう
会計知識がゼロでもわかる「決算書活用術」
エクセル仕訳で自分で決算!
決算書の読み方と使い方短期マスターDVD
銀行・会計事務所出身の財務コンサルタントが書いた経営努力しなくても銀行が融資したくなる決算書作成マニュアル














































































































誰にでもわかっちゃう決算書の読み方入門 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。