古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり

バブルが崩壊やリーマンショック、長引く不況と先行き不安で、日本人の消費はかかり厳しい状況です。

財布の紐は硬くなり、飲食やレジャー、また物品購入に対しても節約しなければ成り立ちません。

消費が伸びないのは、会社員の給料が伸び悩んでいることもその要因に挙げられます。

先行き不安の状況下で、脱サラして起業したり、異業種からの転職、また、専業主婦が商売を開始することも最近では多く見受けられます。

このような社会背景を前提が、中古ビジネスが急伸の1つの光明とも言えるのかもしれません。


4000億円を超える巨大市場

最近の古物・リサイクルショップの伸び方は非常に大きなもので、中古品市場規模は、何と3000億円以上に達しています。

これを受け、もうこの市場は成熟していると評価する方もいますが、店舗の工夫や展開等を新しい物にして行けば、今後さらに伸びる要素をこの市場は有しています。

これからリサイクルショップを新たに開業しても、まだまだ工夫次第によって、大きな飛躍が規定できると言えるのです。

投げなら、消費者自身が、リサイクルショップやフリーマーケット、ネットオークションを良く知るようになり、今後もその数が増加すると考えられるからです。

これを裏付ける資料として、経財産業省管轄の「商業統計表」を見ると、中古品小売業の店舗数は、毎年増加の一途をたどり、現在では、商品の販売額は4000億円を超え、業界に従事する方も4万人に及び、その金額人の数とも増加しています。

厳しい経済環境の中で、中古ビジネスは、脱サラ者やフリーターが、自分のビジネス能力を活かせるビジネスフィールドと言えます。

最近、古着がブームとなっています。特に顕著な傾向を示すのが、流行に敏感な若者層で、古着の経済性とファッション性を考慮してこのブームを起こしているようです。

日本古着小売業組合の資料では、1000億円以上の市場規模があると言います。

物が非常に不足していた昭和20年代、30年代前半の子供たちは、兄弟のお古をきるのが普通でした。


少子化が招く、短期間使用の赤ちゃん用品が大人気

物不足だけの理由ではなく、洋服も玩具も洗濯したり、修理して大事に長く使おうする精神があります。

その節約の精神が、昨今の経済的な停滞とリンクして、人々に改めて中古品の存在が認知されたのです。

子供用品を主力にするあるリサイクルショップの話では、売れ筋のA型ベビーカーは、生後間もない頭も座らない時期の赤ちゃん向けの商品で、その利用期間は、僅か半年。

しかし、この商品の売れ行きが大変好調で、常に品切れ状態にあると言います。

この商品は、新品で3万円ほど、レンタル店で借り手も1万円以上の商品ですが、このリサイクルショップでは、5000円から10000万円位で販売しています。

しかも、購入してから半年以内に店に持ち込めば、販売した価格の半値で買い取ってくれるシステムになっています。

「レンタル感覚で使用してもらえれば」と、同ショップのオーナーは語っていました。

消費者からみると、販売価格の半額で買い取ってもらえれば、必然的にそのベビーカーを丁寧に使用します。

その結果、その商品は、また赤ちゃんができた次の顧客へ代々受け継がれることになります。

まさに、この継承が、リサイクルの基本精神と言えるのです。

また、リサイクルショップは、ブランド志向の強い情勢にとって、非常に利用価値のあるショップです。

何故なら、バックや洋服には、様々なブランドがあり、使ううちに飽きてきます。

これは、貴金属やアクセサリーについても言えることです。

そんな時、今使用しているブランド物のバックをショップで買い取ってもらい、そのお金を元手に新たな商品を買うことができます。

これは、ブランド品の下取りシステムと言っても良いでしょう。

物を大切にすれば、その物を元にして。

次の新たな価値を持つ商品を手に入れることができる。

そんな思いを実現してくれるのが、リサイクルショップが消費者に認知され、しかも伸び続ける要因なのです。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。














古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。