古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

スムーズに仕入れるコツとは

リサイクルビジネスで、商品の買取・仕入れはとても重要な課題です。



特に、仕入れ全体の7割以上を占めるとされる一般消費者からの買い取りは最重要問題であり、これがうまくいくか否かで、店の将来が決定するとも言えます。

消費者からの買い取りがスムーズに運ぶためには、どうすれば消費者が抵抗感なく商品をその店に売ってくれるかにかかって言います。

それには、リサイクルショップにおける売り易さの演出が必要となります。

消費者が売り易く感じる店づくりや買い取りシステム構築が重要になります。

この点分かり易いのは、買い取り価格を高く設定することです。

しかし、当然ながら、買い取り価格を高くすれば良い商品が大量に集まるでしょうが、その分を販売価格に転嫁することはできません。

そんなことをすれば、売れるものも売れなくなってしまいます。

しかも、1度高い価格で買い取れば、次回にその価格を引き下げることがでません。

何故なら、こんな事をすれば消費者の不信感を招いてしまうからです。

ただ、商品を展示すればすぐに売れる商品で、なかなか手に入らない人気商品なら別問題です。

例えば、超人気のブランドバックや貴金属、時計類などです。

これらの商品は、多少高く買い取ってもその分高く販売可能なので、在庫を抱える不安がなく、また、商品単価が高く利幅が、他の商品に比べ大きく採れます。

基本的な一般中古品の買い取りは、そんなに高くすることができないのが買い取りの原則です。

そこで、買取・仕入れが重要となり、これをうまく行うための環境整備が、店づくりです。

つまり、消費者目線で、入り易く、売り易い店の雰囲気を作る必要があります。

ある老舗中古カメラ店は、従来からプロカメラマンやマニアにとって良く知られた店でしたが、一般のカメラファンには少し敷居の高い店でした。

しかし、昨今のカメラ人気の上昇で一般消費者の来店も少し増加してきました。

このような環境変化を捉え、旧態依然の店の経営を基本から検討しなおし、2階建ての本店1階入り口を全てガラス戸にして明るい店舗に改築しました。

その結果、一般のカメラファンや女性客が多く来店するようになったと言うことです。

女性客等の来店が増加し、買い取り商品も順調に増え、商品全体の動きも大変良くなったと言います。

少し店の雰囲気を変えるだけで、こんなに大きな効果を生むことがあります。

このような、明るく清潔感を持つ店に改築し、女性客等を呼び込んだ事例は、古本買い取り・販売のチェーン店であるブックオフです。

さらに、買取・仕入れの重要ポイントは、持ち込まれた商品の買いり取査定を出来るだけスマートに行うことです。

これは、消費者に不信感を持たせないため、買い取り査定を明確にしておかなければなりません。

査定の待ち時間を少なくすることは、重要な接客サービスであることを十分意識すべきです。

そのためには、先ず、商品知識を持ち、いわゆる目利きテクニックを習得しなければなりません。

マニュアルに依存ばかりしていては、買い取れる商品も逃してしまうことになりかねません。

良い商品を数多く集めるには、地域の消費者と密にコミュニケーションをとり、様々な場面で交流を持つことも重要です。

いわゆる地域密着型の店づくりが、成功へのキーポイントとなります。

このような店舗コンセプトを掲げ、消費者サービスに邁進し、地域1番店を目標にすることが大変大事な事です。

例えば、子供服・子供用品専門のリサイクルショップでは、大体赤ちゃんから小学1年生まで位の商品を扱っていましたが、最近、小学校高学年のものまで買い取りを始めました。

その位の子供の商品で、ノーブランドの子供服は、買い取る店が殆どなく、これらの服は捨てられるものが多かったのです。

このような状況を見て、その店は、利益を度外視して買い取りをはじめました。

その理由は、捨てられるものを例え安くても買い取り、希望する消費者に安く販売するといった、言わば地域サービスの一環でこの買い取りを始めたそうです。

このように地域住民と交流関係を密接にすることで、取り扱う商品の主流である赤ちゃんから小学1年生位までのブランド品や、良質な子供服や子供用品が、買い取れるようになります。

更にこの店では、ノーブランドの新品の子供服も扱っています。

これに関して店舗開店当時は苦労したと言います。

仕入れ情報の入手は、あるディスカウントショップの倉庫を覗かせてもらい、段ボールの問屋の送り状をメモし、その問屋と直接交渉したと言います。

そんな地道な努力が、成功への道を開き、このリサイクルショップは、現在でも順調は発展を遂げています。

商品の買い取り・仕入れに関しては、更に、顧客管理や在庫管理システムの構築が重要です。

直営店の経営の他、FCチェーン展開も積極的に行うある企業本部では、直営店、FC点の顧客の全てを会員制にし、コンピューター管理しています。

この情報には、顧客の氏名や生年月日はもちろん、ブランド志向が分かる購入履歴やその方の子供の生年月日や身長等の身体的データも含まれています。

このような詳細データを基にして、他社との差別化をはかるオリジナル商品の開発ができるのです。

オリジナル商品の開発は、顧客の声を原点としているのです。

例えば、子供服のこの部分のデザインがこうであったら買いたいといった、消費者の声を発信点として、それに沿った服作りを工場と提携して商品開発して行きます。

この業態は、数量的に大きくはありませんが、そんな商品開発を続けることで、全体のボリュームを段々に上昇させる効果かあります。

大手専門店やスーパー、デパートではまねのできない生産システムとして、かなりの成功を収めているようです。

このようなシステムを作るにも、普段から地域住民との密接なコミュニケーションは欠くことができません。

まさに、地域密着型ビジネスの成功例と言えます。

また、コンピューターの有効活用は、コカう管理や在庫管理だけでなく、FC本部と各店舗の情報交換ツールとして欠くことができません。

これも店頭買い取りをスムーズに運ぶ要因です。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
























































古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。