古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

商売成功の条件とは

現在に経済状況は、デフレが加速相乗的に起こるいわゆるデフレスパイラルが心配される状況です。



従って、どんな商品もとにかく安くしないと売れません。

しかし、安くすれば何でも売れるのかと言うと、そんなに単純でも無いようです。

この状況は、古物・リサイクルショップの場合にもあてはまります。

確かに従前のリサイクルビジネスは、デフレが追い風として働き、信じられないような売れ行きを見せたこともありました。

新品同様の家電やゴルフ用品、雑貨類等が、定価から大幅プライスダウンで購入できたのですから、よく売れたのも当然かもしれません。

しかし、その飛ぶように売れた状況は、残念ながら今は存在しません。

リサイクスビジネスは、安価な商品を並べるだけで売れるといった、かつての単純な売り方では成功しないステージに突入しています。

しかしこの事態は、古物商・リサイクルビジネスが、先細りの将来性のないビジネスであることを意味するものではありません。

事実、このような状況下でも、中古ビジネス市場は現在も拡大していて、売れ上げは毎年増加しています。

そこで、これから古物商・リサイクルショップを開業しようとするなら、どんな商品をどのように扱いうかといった、ビジネス計画を詳細に作成しなければ成功は遠いとも言えます。

リスが少ないだけの理由で、「リサイクルショップでもやってみるか」といった安易な考えでは、ビジネスはうまくいくはずはありません。

リスクが少なく、利幅が多いとなれば、あなた以外の脱サラ者や転職者も多くこの業界に参入することを意味し、それがけ厳しい競争が繰り返されます。

リサイクル品の何をどんな風に扱くうかを決定する歳費は、中古ビジネスのマーケットリサーチを行い、今、どんな商品に人気が集まっているのかや、どんな商品ならうまく回転させることができるか、また、どんな商品に将来性があるのかといった、予測眼も必要です。

そうした上で、リサイクス商品を何でもかんでも扱うのではなく、商品アイテムの絞り込みを行い、取扱商品の将来性も加味して、専門性を持たせて行くできと考えます。

また、どんなリサイクル商品を扱おうと、必ず競合店は現れるので、他店との差別化が重要課題となります。

生き残りのためには、創意工夫に基づくオリジナリティが必要です。

実際に同じような商品を扱う店でも、お客さんの入り方に大きな差が生じる場合が見受けられます。

その差は何処から来るのかを考えると、その1つの理由に、店づくりの要素があります。

入り口が閉ざされ、開放感を感じられない店には入りにくいものです。

また、店内が雑然として明るい雰囲気がないのも考えものです。

もう1つの理由は、商品の品揃えと展示方法の問題だと考えます。

例えば、同じような品揃えと思いきや、よく見ると商品の質が異なっていたり、オリジナル商品が発売されていて、その商品が人気商品であった場合等です。

また、商品を単に並べるだけでなく、お客さんの視点から商品の並べ方を研究して行く努力も必要です。こうして店の差別化を図ります。

また、リサイクルショップで重要なのは、当該店舗の立地条件を考慮した商品展開で、お客さんにアピールすることです。

リサイクルビジネスは、取り扱い商品の違いで、繁華街が良い場合や、ビジネス街、また住宅街に出店した方がよい場合に分かれます。

その地域の消費者に受け入れられ易い商品を扱い、その商売のやり方や利用しやすい店づくりを行うこと、すなわち、地域密着型の店舗経営が重要なのです。

また、リサイクルショップの存在が、以外にもその地域住民に知らされていないことも問題です。

先ず、店の存在を地域に浸透させ、商売を始める必要があります。

地域のタウン誌やホームページ等を活用して、積極的に情報を発信していかなければなりません。

更に、リサイクルショップでも欠かせないのが、接客サービスの充実です。

具体的には、持ち込まれた商品を査定できる目利き(鑑定眼)技術の習得が重要となります。

査定に関しては、近年マニュアル化が進み、これに依拠すれば買い取れないこともありませんが、何分慣れていないと時間がかかり、持ち込んだ顧客を長く待たせる不都合が生じます。

ビジネスにはスピードが重要で、これに明確な査定根拠があれば、リサイクルビジネスの顧客サービスは、飛躍的に向上します。

これが、中古ビジネスの生命線とも言うべき、次の買い取り・仕入れのスムーズ化に直結します。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。


















古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。