古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例

リサイクルビジネスの中でも、今注目を集めるのが子供服や子供用品間系のマーケットです。



従来の子供服関連ショップと言えば、一般の主婦が、趣味をかねて行う小規模のママさんショップ的な店が大半でしたが、このところ、異業種の大手企業がこの分野に参入しています。

これを見れば、この市場が経営次第では如何にうまみのある市場であるかがわかるでしょう。

「E社」が2000年12月開業したのは、まさにこの市場が活性化し始めた時期にあたります。

ただ、この会社は、F氏という30代の一人の若者によって開業した個人商店がその始まりです。

「E社」の優れた点は、開業手順、開業後の運営、また、創意工夫がとにかく一貫していることです。

リサイクルショップを成功させるためのお手本となる店なので、この店の手法は大いに参考となります。

先ず第一に、彼が子供服や子供用品のショップを始めようとした動機は、開業資金が少なく、リスクが小さいのに比べ、売上が比較的簡単にあげられ、更に、粗利益率も75〜80%と、かなりの高率であったからだと言います。

売上を簡単にあげられると言っても、そこはかなりの影の努力があると思うので、そのまま安易に考えることはできませんが。

販売する商品が決まって彼が次に行ったことは、旧浦和市役所の市民課訪問です。

0歳から6歳ぐらいの子供が、市内のどの地域にどれ位いるのかを調査しました。

これは店舗の場所選びのためです。

そして決定した場所は、その半径1キロ内にマンションが林立し、幼稚園が多数あり、ターゲットとする年齢の子供が約6000人位住んでいた地域だったということです。

彼はこの地域での可能性を見越し、店を回転させました。

彼がこのように周到な計画の下に店を立ち上げられたのは、脱サラ前の彼の職歴に大きな関係があります。

彼は元々リサイクルビジネスに関心があり、18歳から15年もの間、リサイクル関連の仕事を経験しています。若くてもベテランです。

しかし、子供服や子供用品の分野の経験がなく、商売を軌道に乗せるには試行錯誤の連続だったと言います。

現在の彼の店で扱う商品の内訳は、子供服関係が全体の約70%、残りがおもちゃを中心とする用品類です。

子供服の品揃えは、0歳から身長120〜130p位の小学1年生位までが主な物です。

なぜこの種類の洋服をメインとするかと言うと、この年代の子供の成長は早く、半年過ぎればきつくなり、買い換えの必要が生じ需要が高まるからです。

同じ子供服を販売のめメインアイテムとするのでも、その中で売れ筋商品をしっかりデータに基付いて絞り込む必要があります。

これは誰しも考え必要な事ですが、現実にはなかなか成功しません。

これに成功した高橋さんは、これまでの経験がものを言っているかもしれませんが、これをうまくこなした商売をしていると言えます。

ブランド子供服もターゲットとなる年齢のものを約50種類ほど扱っています。

エンジェル・ブルー、ナルミヤインターナショナル、ヒステリック・ミニ、シャリー・テンプル等のハイクラスブランド子供服を扱うが、これらの商品は、人気が高く商品がなかなかうまく入らないことが問題なのが気になるところです。

彼は、「基本的にブランド品は品があれば確実に売れます。私の店は、そのブランドにあった値付けをしているので」と言います。

ブランド子供服がよく売れるのは、デザイン性に優れた物を着せたいというお母さんの願望が色濃く出る現象のようですが、それと併せて、リサイクル店では、その願望をかなれる為の金額が安く済むことも大きく影響していると思われます。

「新品のブランド品なら、通常7000円から8000円するものが、リサイクルショップでは、状態の良い物でも大体2000円程度で手に入れることができます。

そんな訳で、お客さんは、ノーブランド品はディスカウントストアでに購入し、ブランド品はリサイクルショップで買うといった構図になるのです」と彼は分析します。

ところで、これらの顧客の大半がブランド志向かと言えば、そうとも言えないのです。

実際の店舗を見ると、店頭在庫で常時4000から5000着を彼の店では用意していますが、そのうちノーブランド商品が、6割から7割を占めています。

彼によれば、3つのパターンがあると言いますが、これには現在の不況も関連しているようで、品揃えはなかなか微妙ものです。

彼が言う3つのパターンとは、ブランド品のみを購入する客層、ノーブランドの未使用品や新品を購入する客層、商品に多少難があっても、価格の安さのみを問題とする客層のパターンです。

この中で、現在活性化しているのは、ブランド品のみを購入する客層と、ノーブランドの未使用品や新品を購入する客層であると言います。

ノーブランドの新品商品は、特に春先によく動く商品です。新入学時等に親が新しい服を着せたいと思う心が働くせいでしょう。

新品の子供服関連の話では、こんなこともあります。

開店当初のF氏は、新品でもなるべく安い物の仕入れにかなり苦労したようです。

仕入れ問屋が分からない為です。

そこで、いろんなディスカウントストアの倉庫を見て回り、そのにあった段ボール箱の送り状から問屋の電話番号を知り、連絡してみました。

彼は、「どんな問屋があるのかも知らなかったので、最初は大変苦労しました」と当時の様子を語っています。

子供用品関連では、おもちゃや絵本、ビデオ、ベビーカーにベビーベッドが売れ筋ですが、特に、A型ベビーカーは需要に供給が追い付かず、いつも品薄状態でした。

この商品は、リクラインング式の新生児用ベビーカーで、生後半年くらいしか使用しないものですが、新品で買うと3万円、レンタル店で借りても1万円位するものです。

その商品が、リサイクル店で買うと、5000円位なので、人気があるのも当然です。

そこで、この商品を5000円以上で購入して、半年以内に再度商品を持ち込めば、その金額の半額で買い取るサービスを始めました。

これは、レンタル感覚をリサイクルショップに持ち込んだ商法と言えます。

また、おもちゃの人気商品は、ビーズワイヤーや男の子ではミニカー、その他、ブロックや積み木も好評と言います。

子供関連の商品に限らず、生活関連商品のリサイクルビジネスは、地域に根付いて成功するビジネスと言えます。

地域密着型の店つくりが、結局、傾向への最短ルートと言えます。

買い取りや仕入れの約90%が一般消費者からであるE社のこの商品調達方法は、これを証明しています。

商品買い取りに対して、彼は、「リサイクルショップは、物を売ることが商売ではなく、買うのが商売です。買い取りをうまくこなして値付けを間違わなければ、商品は自然にはけて行くもので、店の経営は安定します」と言っています。

これには、もちろん買い取りのための宣伝広告も打ちます。

この媒体でよく利用するのは、“ショッパー”と言うタウン情報誌です。

また、リピーターが多く、不用品をすぐ持ち込んでもらえるのは、リサイクル店の大きな強みになります。

リピーターが多いということは、それだけ地域に密着して信頼されていることで、地域密着型の店舗戦略が功を奏していることの表れと言えます。

またこれは、質の良い商品を集めるための基本要素と言ってよいでしょう。

最初に開店した25坪の浦和店開業の半年後、19坪の東浦和店を開業し、彼は、その後も新規店舗を開いています。

「オープン当初は、25坪の店でもかなり大きな店と感じていましたが、駐車場もなく、今は手狭さを感じます。リサイクル店は、買い取った物を常時店舗に陳列しなけらば売れないので、商品を倉庫に寝かせておくわけにはいかない」と彼は言います。

そこで、「売り場面積が40〜50坪で、駐車場も5台分位ある物件で、家賃が30万円位ならべストであり、その上、ロードサイドで新興住宅街ならなおさら良い」と言います。

また、「50坪くらいなら、これまでと同じように自分とパートの方1人でやっていけるので、この条件さえクリアできれば更に店舗数を拡大するつもりです」と語っています。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。




















































































古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。