古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

人気の質草(担保物)は何か

質草は、昔から庶民生活を映す鏡と言われています。



それを辿ることで、庶民生活の歴史を知ることもできます。

現在と異なり、物の種類も数量も圧倒的に少なかった戦前や戦後間もないころは、庶民の日常生活品が質草となっていました。

煮炊き用の鍋や釜、着物や布団、生活道具一式まで、質草となっていました。

特に、衣類や道具類は、江戸時代から古着商や古道具商があったように、生活に欠かせない物品として質草となっていました。

そんな経緯から、サラリーマンの背広や女物のワンピースや浴衣といった質草は、昭和30年代では、上位にランクされていました。

背広は、昭和40年代に入ってもまだ質草となりました。

それから、昭和40年代に入ると、家電製品が質草の上位を占めるようになります。

それ以後これらの商品の中からヒット商品と呼ばれるものが現れ、それが中古品ビジネス市場に広がっていくのです。

当初質草として持ち込まれる家電は、テレビや冷蔵庫、洗濯機、ステレオといった大型家電が中心でした。

クレジットが普及し始め、分割払いで家電を購入したものの、支払いが重く、質屋で換金する事例が多く見受けられました。

その後家電製品は、小型化の時代となり、持ち運びできる手軽さから質入れを活発化させました。

オーディオブームでアンプ、チューナーがよく売れ、ラジカセ、ウォークマン、CDプレイヤーの時代になりました。

ビデオデッキも質草でした。

当時の様子を質屋三代目をその当時継いだ質屋系ディスカウントショップのオーナーは、「ラジカセも良く売れましたが,ビデオデッキの売れ方は、爆発的でした。メーカーから直接仕入れた価格が、9万9千円で、それを9万9800円で売ったのですが、飛ぶように売れました。当時、ビデオデッキで10万円を切ることは、 大変なことでした。現在は、1万円未満の物もありますが。ラジカセで5年、ビデオデッキで10年位食べてきたともいえます」と語っています。

また、家電製品を主に扱うある経営者は、「その頃、うちの蔵には、テレビで宣伝しているような最新型のビデオデッキが結構ありました。当時秋葉原でも、20万円位の商品です。そこで、これを商買にしようと、小売ウインドーに飾り、9万9千円で販売したところ、お客さんは、何でこんなに安いのかと言って買って行きました。それから、質流れ品を店にどんどん並べて販売することにしました」と語ります。

その後、この店では、小売部門を作り拡大するとともに、家電メーカーがやってきたのを契機に、直に販売店契約をすることになりました。

ビデオデッキの後は、ワープロ・OA機器が主流となり、最近の傾向はブランド物がブームです。また、パソコンやAV機器も人気です。

パソコンは、進化のスピードが速く、毎年新しい進化した機種が登場してくるので、これに伴い中古市場も活性化しています。

このような家電を中心とした質屋市場の中で、従来から人気の品が、貴金属や時計、カメラです。指輪やジュエリー、時計等のブランド品は、相変わらず人気のある品です。

例えば、ジュエリー関連では、カルティエ、ブルガリ、ショパール、男性用であればローレックス、女性用ならブルガリやエルメスが人気の中心です。

国産時計では、セイコーやシチズンは多少のキズや汚れがあってもメンテナンスを行って売れば売れますが、その他のメーカー商品の販売は、かなり難しいと言います。

カメラでは、マニアックなカメラよりコンパクトカメラに人気があり、その中でもデジタルカメラが人気です。

デジタルカメラは、今後も進化するので、さらなる市場拡大が起こると予想できます。

これらの商品は、査定に経験と技術を要します。特にカメラの買い取り・仕入れ査定は、とても難しいものです。

また、ブランド品でも、バックや小物、衣類も含めて、コピー超品の横行やキズや汚れ具合の鑑定眼(目利き)、また、市場での人気等を考慮した仕入れ値や値付けの認識も重要です。

それがないと、質屋やディスカウントショップでの成功は期待できません。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。




古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。