古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

仕入れ方が商売成功の最重要ポイント

質屋や質屋系ディスカウントショップの経営をうまくこなすには、仕入れが重要なポイントとなります。



これは、リサイクルビジネスと同じです。

質の高い商品を如何に安く仕入れ、消費者に提供できるか否かが、成功のポイントと言っても良いでしょう。

ただ、質屋系とリサイクルショップでは、仕入れルートに多少の違いがあります。

どちらも買い取りの対象は、一般消費者ですが、質草を取ってお金を出す質屋本来の業務がその違いです。

質屋では、本来物品を預かることだけなので、その段階に仕入れや・買い取りではありません。

その後、利用者が借りたお金とその間の利子を返還しない時に質流れ品として、質屋はその質草を処分します。

質屋はこの品を消費者に売却する他ないので、結果として買い取りになります。

また、最近増加傾向にあるのが、商品の買い取りです。

この背景には、リサイクル人気があると言えますが、この買い取り時には、的確な査定を行う必要があります。

また、その品の市場相場をしっかりと把握することも重要です。

高すぎれば利益が出ませんし、安ければ持ち込んだ消費者の不信感を買います。

不信感を抱かれると、質屋に商品が持ち込まれなくなります。

質屋の商品仕入れ方法は、質屋組合が開催する独自の競り市場があります。

競り市場は、リサイクル関連業者向けの古物市場もありますが、質屋系ディスカウントショップでは、競りでの仕入れ割合がとても高くなっています。

質屋は長い歴史を有するので、横のつながりが強いこともこの要因でしょう。

また、仕入れルートとして多く利用されているのが、メーカーやバッタ屋と呼ばれる現金問屋です。

リサイクルショップの場合も、これら仕入れ先を利用する業者もありますが、質屋系ショップほど多くはないと思われます。

ただ、この仕入れルートで注目されるのは、新品若しくは未使用中古品の家電製品が大部分を占めていることです。

家電製品は、中古品販売の際にあまり古いものを売ることはできません。

古くて2.3年以内のものです。

その結果、メーカーや問屋から新品若しくは未使用中古品を仕入れて販売するのは、ある意味仕方ない側面もあります。

家電製品の販売が、全体の売り上げの約8割を占めるある質屋系ディスカウントショップのオーナーは、「リサイクルショップは、物を売るのではなく、ただ店頭に並べて置き、勝手に探してくださいというような感じの店が大半を占めていました。しかし、私どもは、中古品を販売する店は、逆に店をきれいにしなければいけないと考えた訳です。お客さんに新品を買っている雰囲気作りをするためには、モダンな店舗にする必要がありました」と語っています。

しかし、競りでの仕入れやメーカー、問屋からの仕入れでも、大きな難点があります。

それは、他の仕入れルートに比べ仕入れ値が高く、満足な利幅が取れないことです。

確かに競りでは、同業者が質草に取った商品を持ち寄るので、質の良い商品が競りに出され、価格も相応になります。

品質も良く、すぐに売れそうな商品も多いと言えます。

ただ、このような人気のある上質の商品であれば、どんな業者でも欲しがるは当たり前で、高値で競り落とし、商売としてうま味がないものとなります。

また、メーカーからの仕入れは、当然ながら新品で、バッタ屋からの仕入品も新品と変わらない未使用中古品なので、その商品の質に問題はありません。

ただ、この場合も、それだけ仕入れ値が高く粗利が稼げません。

更に最近では、どの店の客単価が下がっているので、粗利率を上げる方法を考えるのはとても重要です。

こうした仕入れルートの問題はあるにしても、この仕入れルートは必ず必要です。

ただ、ディスカウントショップの存在意義は、如何に良質の商品を格安で販売するかです。

その意味からも、メーカーや問屋、競り市場での商品仕入れは必要です。

それでは、このような現実を踏まえた上での粗利率向上はどう図るできなのでしょうか。

利幅を稼ぐ仕入れ方法はあるのでしょうか。

ショップにとって1番メリットのある仕入れは、一般消費者からいかに良い商品を買い取れるかで、それを中心として他の仕入れルートとバランスを取ることが、仕入れの要となります。

特に最近では、質の預かりが減少しています。

これは、質流れ品が減っていることを意味します。

このような傾向から、如何に買い取り業務を発展させるかが重要課題いとしてクローズアップされています。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
























古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。