古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります

リサイクルショップの仕入れ方法には、通常、買い取りと委託の2つの方法があります。



このうち買い取りは、消費者から中古品や中古新品を買い取ることです。

買い取り価格は、ブランド物の洋服やバックであれば、定価の約10%〜20%程度が買い取り相場です。

家電製品や古本の場合も定価の10%程度が買い取り価格です。

但し、商品には相場があるので、その時の状況によって価格に変化があることに注意する必要があります。

また、委託と言うのは、消費者が預けた物を1か月から3月程度店に展示する販売形式です。

売値は、商品を提供した消費者の希望金額を聞き、店舗側が売り値の最終判断を行います。

商品の提供者である消費者は、なるべく高く売りたいと思うのが常なので、相場や経験を積んだ店舗側が、最終的な値付けを決定するのです。

この委託形式は、商品を消費者から預かる時に委託手数料を徴収し、また、その商品が売れた時に販売手数料として、販売価格の20%〜40%を貰うことが一般的です。

ただ、この委託は、現在縮小傾向にあります。

何故なら、店舗側は、持ち込まれる商品をある程度選択して委託を受けるのですが、時として、売れそうもない商品を受けざるをえないこともあります。

その結果、店の経営コンセプトに反した品を置くことになり、坪単価も下がってしまいます。

そこで、店の潜在的な可能性を維持するためには、委託よりも買い取りの方が良いと言う経営者が増加しているのです。

リサイクルビジネスの商品仕入れは、買い取りと委託の2つの形態がありますが、その買い取りの仕方は2つの方法に分かれます。

その1つは、店買いと呼ばれる方法です。

この方法は、消費者が持ち込む商品をその場で買い取るものです。

この場合の注意点は、持ち込んだ商品に過大な価格を付ける消費者がいると言うことです。

店舗側は、それにうまく対処して、リーゾナブルな値段で買い取らなければなりません。

これには、消費者を納得させるだけの商品知識や目利きと呼ばれる鑑定眼、また、素早くスマートな対応と決断力が必要です。

マニュアルを見ながらの遅い自身のない対応では、信頼感は生まれません。

買い取りのもう1つの方法に、買い出しと呼ばれる方法があります。

この方法は、売りたい商品があるのだが、売り手の都合で商品を中古ショップに持ち込めないとか、数量が非常に多いとかいった場合が考えられます。

このような買い取り業務の場合は、電話連絡を受けた時点で、その商品は何であるかやその数量等を詳しく聞いておく質用があります。

その商品が、ガソリン等のコストを払っても引きうける価値のある商品か否かの判断が必要です。

またこの買い出しの際でも、値段を釣り上げる者も入りので、しっかりとした買い入れ基準を持っている必要yがあります。

商品の仕入れ・販売方法には、引き取りと呼ばれるものもあります。

この方法は、会社や事務所向上、一般の消費者等の移転や引っ越し、廃業の際に、家具や事務機器、家電等を無償又は非常に安く引き取る方法です。

特に大型ごみと呼ばれるものは、廃棄するのにお金がかかります。

それならタダで引き取ってもらった方が経済的です。引き取った物のなかには、もちろん使用できないものが多く含まれていますが、少し修理したり、磨いたりすると輝きを取り戻す商品も含まれていることがあります。

これなら商品的価値を持ち、タダで仕入れたものが、何千円かで販売できることもあります。

これは、リサイクルショップの1つの「うま味」でもあります。

しかし、こうしたうま味は、環境保護と新リサイクル化の波でかき消されようとしています。

2001年に施行された「家電リサイクル法」は、メーカーや小売業者に製造・販売した家電の引き取りとリサイクルを義務付けています。

この法律の対象品は、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンの4種で、リサイクル料と輸送費を合わせた料金は、3千円から81千円となっています。

以前この費用は、リサイクル店に持ち込めば消費者の負担はなかったもので、中古ビジネスにもこの法は影響を与えています。

リサイクルショップの大きな仕入れルートは、企業や一般消費者、工場や廃業店からの買い取りの他に、もう1つ存在します

これは、古物市場と呼ばれるマーケットで、中古品や中古新品の競り売りするオークションから商品を調達する仕入れ方法です。

古物市場は、古物商が集めた商品を競りにかけ売買する、一般消費者が介在できない、玄人の間の商売です。

競りにかけられる商品は、の1用品や家電、衣類や皮革製品、日用品に至るまで、まさに古物品のデパートと言える市場です。

また、これとは別に宝飾品や道具類、衣料品専門の各商品ジャンル別のオークションもあります。

古物市場は、競り合いの世界なので、その競売品がどの位の価値があるのかを瞬時に見極める必要があります。

リサイクルショップにおけるこのような競売獲得品がどの位の割合を占めるのかと言うと、平均すれば2割から3割と言われています。

競りにかけられる商品は、一般的に品質の高い商品ですが、競り落とされるので、高額になることもあります。

そこで、思った以上の価格で競り落とした場合は、価格を消費者に転嫁しなければ、利益を削らないといけない場合もあります。

これが、競売での仕入れ割合が2割から3割にしないと危険が大きくなる理由です。

逆に言うと、店での引き取りが、いかに大きく利幅を取れるかや儲けに貢献しているのか示す事実と言えます。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。












































古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。