古物商・質屋を始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

質屋を母体とするディスカウント小売販売店や古物・リサイクルショップと呼ばれる中古品やいわゆる新古品を扱う市場が活況を呈しています。

サイトマップ

上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか

リサイクルビジネスでよく言われるのは、その粗利益率の高さです。



取り扱う商品で差はありますが、かなり高率の粗利を稼ぐ商品が多いのも事実です。

リサイクルショップのオーナーのかなには、「こんなおいしい商売はない」と明言する方もいます。

ただ、リサイクルショップを持てば、誰でも高い粗利があげられ、商売がうまくいくとは限りません。

どんな商売でも、そんなに簡単に儲けられるものはありません。

また、この業界の生命線である買い取りや仕入れが厳しさを増していることも安心できない要素として浮上しています。

特に昨今の不況下では、かつての使い捨ての風潮からものを大事に長い間使用することが社会のトレンドとなり、これに伴い、中古市場もかつての活況状態ではないと考えられます。

消費者の中古品に対する購買意欲は依然として強いものの、商品を売ってくれる人が減少しているのです。

消費者が、リサイクルショップに商品を持ち込まない事や利用しないのは、明らかにショップ側に問題があると言えます。

店まで商品を持ち込めないのであれば、ショップ側で消費者を訪問して出張買い取り業務を行うとか、売りたい気持ちはあるが、何処に持ち込めば良いのか分からない人のために、その店舗のある地域でもアピール活動を積極的に展開する必要もあります。

企業努力はどんな商売にも必要です。

また、消費者の持ち込み現象の原因は、商品の値付け=買い取り価格に対する不信感です。

消費者の不信感は、あらゆる商売に失敗要因となります。

このような場合の手立てとして考えられるのは、なぜそのような買い取り価格になるのかを客観的に透明性を持って説明することです。

また、店のPRや買い取り価格情報を頻繁に広報して、地域住民のその店舗に対する信頼感を獲得しなければなりません。

商品の買い取りや仕入れがうまくいかなくなっている原因はこの他にもあります。

それは、会社や事務所の引っ越しや移転が不況の影響で非常に少なくなっています。

この結果、これに伴う不用品や買い換え品現象日、事務機器やオフィス家具・用品等の買い取り・引き取りが著しく減っています。

また、このような状況でも、リサイクルショップの数だけは上昇の一途をたどっているので、買い取り・仕入れの競争がますます激化して、そのことが、中古品供給を妨げる要因として働いています。

しかし、こんな状況下の中でも、売り上げを確実に向上させているリサイクルショップもあります。

市場状況が厳しいと言っても、中古ビジネス市場規模は、毎年拡大しています。

成功しているリサイクルショップは、むしろこの不況を逆手にとって業績を拡大しています。

何故なら、業績の良い店は、市場の動きに敏感で、今どんな手を打てばよいのかを常に考え、すぐに実行に移します。

例えば、競合の少ない商品はどんなジャンル名商品で、その商品等に取り扱い商品を絞り込んで、集中と選択を基本として、事業を展開しています。

いわゆるこれはリサイクルショップの専門店化と言え、商品構成を細分化、商品の取り扱い独自性を持たせる手法です。

総合的なリサイクルショップであっても、商品を総花的に揃えるのではなく、市場動向を見極め、売れ筋商品を厚く揃える方法を取ります。

その他の商品は、比較的安価な小物であれば、ついでに購入することを期待するに留めます。

最近、脱サラ者や転職者に人気の商売として、飲食店経営があります。

例えば、居酒屋を始める場合に最も重要なのは、その設備機器、特に厨房関連機器の価格は非常に高く、新品で購入すれば、開業資金の多くがこれにそがれることになります。

この点、リサイクルショップンでこれを揃えれば、半額程度の出費に抑えることが可能です。

リサイクルショップは、廃業や転職した居酒屋の設備機器をとても安い金額で買い受けています。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
今なぜ、古物商・リサイクルショップが注目されるのか
拡大する中古品ビジネスには、まだまだ先にチャンスあり
古物商・リサイクルショップの何が人の心を惹きつけるのか
古物商・リサイクルショップは、粗利益率が高いのも魅力
古物商・リサイクルショップの改善点とは
古物商で言ういわゆる「古物」とは具体的にどんなものを指すのか
取り扱う「古物」の種類で、商売の仕方も変わります
仕入れの如何が成否を左右する
仕入れ方法は、「買い取り」と「委託」の2つがあります
上手な仕入れ方法とは、一体どんなものなのか
スムーズに仕入れるコツとは
得になるのは、買い取り販売か、それともと委託販売か
インターネットでの仕入れは成功するか -改正古物営業法に関連して
商売成功の条件とは
ブランド子供服のリサイクルショップ成功例
中古カメラ店の成功事例
子供服と子供用品リサイクルショップの繁盛事例
繁盛する金券ショップの経営手法とは
中古自動車の販売の営業戦略
「質屋」とは一体どんな商売なのか
質屋の機能とその仕組みについて
今、質屋の「買い取りと販売」を、中古ビジネス市場が注目
人気の質草(担保物)は何か
仕入れ方が商売成功の最重要ポイント
上手に仕入れるコツは
接客の仕方が仕入れを変える
商品査定の進め方
ネットオークションの賢い利用法
商売成功のカギは経験の積み重ね
質屋商売は、「商品知識豊富さと接客態度」が基礎になる
繁盛店を作るには、「顧客増加の仕組み作り」が重要
古物商の許可は誰でもとれる
古物商免許の申請手続きの方法と提出先
古物商許可申請から認可までの具体的な流れ
古物商に義務付けられることとは
「改正古物営業法」で新規に義務化されたこと
営業停止・許可取り消しになる場合とは
普通の生活ができる方ならだれでも質屋の許可は受けられる
質屋営業の申請手続き方法と提出先
質屋営業で義務付けられていることとは
営業停止・許可取り消しになる場合とは
脳から成功を導く転職バイブル書
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。







古物商・質屋を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。