起業するならLLC(合同会社)でしょう 

合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方

ビジネスを始めたい方、これから会社をつくろうと考えている方は、LLCの設立をお勧めします。ここでは、あなたの起業に役立つ、設立と運営に必要な知識を解説していきます

サイトマップ

合同会社の運営について

合同会社の代表者の権限どこまで認められるのか
会社の代表者とは…:会社の代表者となるのは、株式会社なら代表取締役です、法律上では、“業務執行権”や“代表権”があるといわれます。

意思決定は過半数で行ないます
原則は過半数です:定款に特に定めていなければ、合同会社出資者全員が会社の代表者になります。複数の出資者で設立した場合には・・・

給与の支払いは
商売を始めたら、出資者(社員)や従業員に対して、給与を支払なければなりません。もし、自分一人で会社を設立して、一人で商売をしているとしても、会社(法人)から自分(個人)に給与を支払うことになるのです。

合同会社における利益の配分は
会社が事業を行った結果、生み出した利益が事業利益です。事業利益は、新しい事業のために使われたり、出資者に分配されたりします。

会計処理について
会計帳簿の目的:家庭の金を管理するのは家計簿です。会社の家計簿に相当するのが「会計帳簿」です。帳簿をつける目的は、2つに大別されます。第1の目的は、納税額を確定するためです。

新たな社員が加入するときは
新たな社員が加入する際の手順は、@現社員による加入の同意が必要です/合同会社の社員(出資者)になるには、定款に記載して登記する必要があります。

社員が辞めるときには
退社が認められるのは…:何らかの理由で、合同会社の社員が退社することもあるでしょう。会社法の規定では、合同会社の社員は「やむえない事由」がある場合は、いつでも退社できることになっています。

定款の変更
社員の加入、退社の他に、定款の変更が必要な事項は、@会社名の変更A事業目的の変更B本店の住所変更C社員の住所変更、などです。

合同会社を解散するとき
合同会社を解散するときは、次のようにします合同会社は、あらかじめ存続期間を定めておくことができます。存続期間が満了となったら、会社は解散します。

合同会社(LLC)増資手続パーフェクトマニュアル
TOP
LLC(合同会社)とは
合同会社と他の会社を比較します
合同会社はどんな事業に向いているのでしょう
合同会社の設立方法は
合同会社の運営について
合同会社の代表者の権限どこまで認められるのか
意思決定は過半数で行ないます
給与の支払いは
合同会社における利益の配分は
会計処理について
新たな社員が加入するときは
社員が辞めるときには
定款の変更
合同会社を解散するとき
合同会社(LLC)商号変更パーフェクトキット
合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトマニュアル
新規就農マニュアル【農業転職法】
「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!












起業するならLLC(合同会社)でしょう All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。