マッサージビジネスを始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

誰でも開業できるリラクゼーション・マッサージビジネスの成功事例、成功ノウハウを紹介

サイトマップ

開業資金の調達1

自己資金は、開業資金の半分くらいあるのが理想的であるといわれています。



金融機関から融資を受けるときに有利であり、その後の返済も楽だからです。

しかし、現実的に、自己資金が不足しているケースや、ほとんど持ち合わせていないケースが多いのではないでしょうか。

その場合、開業資金の調達は、公的資金である国民生活金融公庫からの融資が最も受けやすく、実際の利用者も多いようです。

国民生活金融公庫は、従業員10名未満の小規模企業向け融資が全体の7割以上と、まさに中小企業のための公的金融機関といえます。

リラクゼーション・マッサージサロンを独立開業する場合、「新規開業資金」、「女性、若者/シニア起業化資金」、または、「新創業融資制度」などを利用すると便利です。

これらは、新たに開業しようとする人のための貸付制度です。

たとえば、「新規開業資金」制度の貸付条件は、次のいずれかに該当する場合となっています。

1 現在お勤めの企業と同一の業種の事業を始められる方で、次のいずれかに該当する方

 (1)現在の企業に継続して6年以上お勤めの方

 (2)現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

2 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始められる方

3 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始められる方

4 雇用の創出を伴う事業を始められる方

5 1〜4により新規開業しておおむね5年以内の方

なお、「起業家資金」制度の貸付条件は、「女性または30歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始められる方または新規開業しておおむね5年以内の方」となっています。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
リラクゼーション・マッサージとは
リラクゼーション・ビジネスの歴史
リラクゼーション・ビジネス拡大の背景
2つのマッサージ・ビジネス
これからのリラクゼーション・マッサージビジネス
リラクゼーション・マッサージビジネスは誰でも開業できる
リラクゼーション・マッサージビジネスの種類
リフレクソロジー(足裏マッサージ)
アロマテラピー(芳香療法)
その他のリラクゼーション
低資金ではじめる出張サービス
独立開業する場合のスタイル
独立開業に必要な資金
開業資金の調達
成功のための基礎知識
成功したお店の顧客獲得戦略
事例@ビジネス街のリフレクソロジー・マッサージサロン
事例A女性専用・完全予約制サンドセラピー・サロン
事例B出張リフレクソロジーサービス
事例Cネイルサロン併設のリフレクソロジー・サロン
事例D靴専門店内にオープンしたフットケアサロン
事例E心理療法「表現アートセラピー」の研究会を主宰
事例Fボディケア店併設リフレクソロジー・サロン
接客サービスの基本
リピーター獲得のために
ビジネスを長続きさせる秘訣
目標の設定
リラクゼーション・マッサージ技術の修得
開業の形態
主婦層に人気の自宅開業
もっとも資金のいらない出張サービス
スクール・養成学校の選び方
コースと受講料
認定資格
独立開業
個人事業の基礎知識
青色申告のメリット
開業の必要資金
開業資金の調達
開業に必要な備品
お店のPR
主なスクールと関連団体
今日から開業!便利屋ビジネス塾
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。



マッサージビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。