マッサージビジネスを始めて儲ける方法 

2012年 新しい時代のビジネス成功の原則

誰でも開業できるリラクゼーション・マッサージビジネスの成功事例、成功ノウハウを紹介

サイトマップ

開業資金の調達2

平成12年4月に政府は、中小企業の成長発展と開業率を高めるために、中小企業基本法を改正し、さまざまな創業支援策を打ち出しました。



金融機関による融資制度もそのひとつです。

なかでも、国民生活金融公庫の「新規開業資金」、「女性、若者/シニア起業家資金」、「新創業融資制度」の利用が圧倒的に多いようです。

この融資制度の貸付条件は、次のようになっています。

●資金使途 開業時の設備資金(店舗棟の内装資金・車両や備品・コンピュータ購入資金など)および運転資金(商品・原材料の仕入れや買掛金の決済代金・ボーナスの支払資金など)

●融資限度額 設備資金7200万円以内、運転資金4800万円以内(「新創業融資制度」は全部で750万円以内)

●融資期間 設備資金15年(据置3年以内/「起業家資金」は2年以内)、運転資金5年、特に必要な場合は7年(据置6カ月以内、特に必要な場合は1年以内/「起業家資金」は1年以内)。

ただし、「新創業融資」の場合は、設備資金7年(据置6カ月以内)、運転資金5年(据置6カ月以内)。

●利率 使いみちや返済期間によって異なるが、だいたい年1.5パーセント。「新創業融資」の場合は、各制度で定められている利率+1.0パーセント。

●担保 要面談だが、基本的には担保または保証人1名以上が必要。

ただし、「新創業融資」では、一定の条件を満たせば担保・連帯保証人は不要。

●返済方法 原則として、毎月元金均等分割返済または元利均等返済。

国民生活金融公庫に融資を申し込む場合の申込先は、事業をはじめる店舗の所在地を営業区域としている同公庫の支店です。国民生活金融公庫への融資の申し込み方法は、次のとおりです。

@融資相談窓口へ出向く

国民生活金融公庫の融資相談窓口に直接出向き、開業のための融資を申し込むために必要な借入申込書と開業計画書をもらいます。

なお、これらの書類は、郵送で送ってもらうことも可能ですが、直接出向き、担当者に会っておいたほうがよいでしょう。

A融資の申し込みをする

借入申込書と開業計画書を融資窓口に提出して、融資の申し込みをします。

その際に、開業計画書を作成する際の根拠となった資料のコピー、店舗を借りたときの賃貸契約書のコピー、設備などの見積書、担保物件の登記簿謄本を一緒に提出すると、融資がスムースに運ぶでしょう。

B融資担当者との面談

融資の申し込みが終わると、融資担当者との面談の日時に関する案内が郵送されてきます。

そこには、持参する資料が記載されてあるので、それにしたがって面談に行きます。

面談では、主に次のようなことを質問されます。

・なぜ、その事業をはじめるのか

・どういう業種をどこで開業するのか

・開業資金はどれくらい必要なのか

・自己資金の割合はどのくらいで、不足分の調達はどうするのか

・売上と収支の予測

・経営方針

・担保および保証人について

これらの質問に関する回答は、事前によく準備しておく必要があります。

@融資担当者の訪問

面談が終わると、店舗などの場所と状況確認のために、融資担当者が訪れます。

その際に、いくつかの質問がある場合もあります。

A審査

公庫で審査が行われます。

この段階で、公庫から連帯保証人に、確認の連絡が入ります。

そこで、事前に連帯保証人にはその旨を連絡しておく必要があります。

B融資の確定

融資が確定すると、契約に必要な書類が送付されてきます。

必要事項を記入して提出し、契約の手続きが完了すると、銀行口座に融資金額が入金します。

C返済

契約の手続きの段階で決めた方法で返済します。

原則としては月払いの元金均等払いですが、元利均等払い、ステップ返済などの方法による場合もあります。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
リラクゼーション・マッサージとは
リラクゼーション・ビジネスの歴史
リラクゼーション・ビジネス拡大の背景
2つのマッサージ・ビジネス
これからのリラクゼーション・マッサージビジネス
リラクゼーション・マッサージビジネスは誰でも開業できる
リラクゼーション・マッサージビジネスの種類
リフレクソロジー(足裏マッサージ)
アロマテラピー(芳香療法)
その他のリラクゼーション
低資金ではじめる出張サービス
独立開業する場合のスタイル
独立開業に必要な資金
開業資金の調達
成功のための基礎知識
成功したお店の顧客獲得戦略
事例@ビジネス街のリフレクソロジー・マッサージサロン
事例A女性専用・完全予約制サンドセラピー・サロン
事例B出張リフレクソロジーサービス
事例Cネイルサロン併設のリフレクソロジー・サロン
事例D靴専門店内にオープンしたフットケアサロン
事例E心理療法「表現アートセラピー」の研究会を主宰
事例Fボディケア店併設リフレクソロジー・サロン
接客サービスの基本
リピーター獲得のために
ビジネスを長続きさせる秘訣
目標の設定
リラクゼーション・マッサージ技術の修得
開業の形態
主婦層に人気の自宅開業
もっとも資金のいらない出張サービス
スクール・養成学校の選び方
コースと受講料
認定資格
独立開業
個人事業の基礎知識
青色申告のメリット
開業の必要資金
開業資金の調達
開業に必要な備品
お店のPR
主なスクールと関連団体
今日から開業!便利屋ビジネス塾
世界一受けたい行列のできたインターネットビジネス勉強会 動画編
高級車に乗りながら稼ぐ中古車ビジネス!「全くの素人がわずか7 日間で245000 円稼いだ真髄の稼ぎ法とは・・・」
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。


















































マッサージビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。