離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法

男性のための離婚の手引き 

あなたがどんなに早く離婚したいと考えていても、実際はなかなかうまくいきません。妻に離婚を申し出る前にどういった心構えで臨めばいいかを説明します。

サイトマップ

公正証書の署名当日、妻にドタキャンされた

妻が離婚に同意してから2週間が経過し、あなたと妻は何度も話し合いを重ねた結果、養育費、慰謝料、財産分与などの離婚条件が決まりました。



妻は、その内容を公正証書に残すことを望んだので、あなたはその準備を始め、以下の5まで進みました。

1 公正証書の文面を作成する。

2 あなたと妻が文面を確認する。

3 必要書類を揃える(双方の印鑑証明、戸籍謄本など)。

4 最寄りの公正役場に文面の認証を依頼する。

5 認証が完了したら、夫婦2人で公正役場に出向き、公証人立会いのもと完成した公正証書に署名する。

6 離婚届を本籍地の役所に提出する。

しかし、あとは2人で公正役場に出向き、公正証書に署名する当日の朝になって、妻が突然、「もう少し考えさせてほしい」とか「やっぱり離婚しない」「気持ちが変わった」などと言い出したとします。

あなたは「ようやく離婚できる」と安堵していたのにまた振り出しに戻ってしまうだけでなく、公正証書の作成を弁護士事務所に依頼した料金も無駄になってしまいます。

そこで、あなたは妻に突然「気変わり」させないような対策をあらかじめ講じておかなくてはなりません。

では、どうすれば、離婚の手続きを途中で頓挫させることなく、最後まで乗り切ることができるのでしょうか。

離婚相談付き 柳原弁護士の女性の上手な離婚法
どん底から自力で這い上がる方法
結婚のときはわからなかった妻の正体
家に帰ると取り調べを始める妻
性格の不一致なのに慰謝料4000万円
子どもが〇〇歳になるまで離婚しないにどう対処する
なぜ妻は振り上げた拳を下ろせないのか
離婚をお金で買う男性の建前と本音
なぜ妻の言い値を払わないと離婚できないのか
慰謝料が10倍に跳ね上がった本当の理由
お互い様なのになぜ慰謝料
何も悪くないと決め込む妻を説得
お金をケチると離婚できない?
金額に納得しているのに離婚してくれない妻
本当に払えるの?の不安を払拭
妻に保証人をつけてと頼まれたら
早く有利に離婚できるマル秘テク
保証人をつけると養育費を減額できる
離婚しても住宅ローンに縛られる
持ち家を売却すると99%マイナスがでる
訳あり物件を賃貸しても二束三文
持ち家を妻子に住まわせると早く離婚できる
子どもにとっての離婚のデメリット
妻子と別れて離婚貧乏にならないために
公正証書の署名当日、妻にドタキャンされた
委任状という保険を手に入れろ
委任状があると妻が気変わりしない理由
どうせ妻も離婚したいはずという誤解
なぜ偽装復縁をすると早く離婚できるのか
離婚直前までいった夫婦がやりなおすことは可能?
復縁できないなら離婚するしかないというカラクリ
出口の見えない離婚の話し合い
離婚のリミットを使って早く有利に離婚する方法
毎年3月に子連れ離婚が急増する訳
簡単に離婚できるという勘違い
経済的不安も、子どもも、世間体も理由にならない
妻が離婚に応じる瞬間を見極めるテクニック
常識の通用しない不倫相手の懲らしめ方
自分の妻に限ってという致命的な油断
不倫相手に一筆書かせたくらいでは・・・
社内不倫だからこその罠
社内不倫で厄介な3つの問題
「〇〇しなければ、××する」という交渉術
常識ある人間なら不倫なんてしない
浮気の責任をキッチリとらせる3つの方法
法律違反なのになぜ不倫するのか
会社が社内不倫を絶対に容認できない訳
社内不倫はハイリスク・ハイリターン
不倫相手から慰謝料をゲットする方法
社内不倫はこの部署に密告する
なぜ上司は社内不倫をもみ消そうとするのか
不倫相手を懲らしめる場合の正しい優先順位
賢い離活の進め方
離婚を決意した場合、事前準備はどれほど重要?
離婚活動と年金分割
離婚活動のリスク
離婚活動の代償
■メールサポート付き!離婚調停を圧倒的有利にする77項目完全公開。全198ページ。『離婚からの生還。』
リンク集
離婚でこれ以上涙を流さないために
2010最新携帯機種のロック解除に成功!主婦でもできた!携帯から浮気の全てを暴露!必殺浮気調査マニュアル完全版!離婚、復縁、ダイエット、結婚、恋愛、アフィリエイト、株式、FX、SEO、婚活をしてる人にお勧め
離婚問題を有利に解決する離婚マニュアル

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
住友信託 金利



男性のための離婚の手引き All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。