自分でできる民事訴訟裁判 

訴訟、裁判はあなた一人で起こせます。あなたの手を引くように訴訟へと導く「TRIAL OF ONE」

生きているといろんなトラブルに巻き込まれることが少なからずあります。そういうとき知識を持っているだけで余裕度が違うものです

サイトマップ

登記手続請求に関するトラブルの解決法

●不動産登記がらみは手続が複雑になりがち

不動産というものは、高額であり、手続は複雑である。

よって、弁護士に一任したほうがよい。

不動産の登記手続に関する紛争では、「所有権移転手続請求」そして、その逆として所有権移転登記、あるいは抵当権設定登記の「抹消登記手続請求」等がある。

末梢登記とは、過去になされた登記を末梢する登記手続である。

大部分の不動産取引では、金融機関が関係してくるので、登記手続に必要な書類は、準備してある。

そのため、所有権移転登記、抵当権設定登記手続に関するトラブルは少ない。

問題になるのは、金融機関が関与しない取引、あるいは、契約成立後に、取引が「取消」あるいは「解除」され、登記を元に復帰しなければならない場合である。

いずれの場合でも裁判を念頭において行動しなければならない。



まず仮処分をする
不動産は、高額物件であるから、迅速な手段を講じないと、多大な損害を被る。そこで、第一にすべきは、簡単に名義を写されないように、「処分禁止の仮処分」をする。

仮処分の後に正式に裁判(本案訴訟)を起こす
処分禁止の仮処分は、一時的な法的措置であり、いわゆる「保全訴訟」である。正式な裁判を「本案訴訟」という。仮処分を得たからといって、目的の不動産について、自分の権利が確定したわけではない。

もう、泣き寝入りはしない!これが、【民事裁判をする方法】だ
TOP
トラブル解決策としての裁判
まず最初は当事者間の交渉
第三者機関を利用した交渉
裁判
裁判所を利用した穏やかな解決法 調停
一方的に出す命令 支払督促
強制執行を可能にするための即決和解
判決が出る前の保全処分という制度がある
裁判の進む順序
裁判のための具体的な手続 訴状の書き方
口頭弁論に必要な答弁書・準備書面
裁判における証拠調べ
鑑定・検証とは何をすることか
判決よりも和解のほうが有利な場合がある
判決が出たらどうすればいいか
小額訴訟は使いやすい
裁判で認められた権利を実現する強制執行
借地・借家にまつわるトラブル解決法
売買代金請求・貸金請求にまつわるトラブルの解決法
登記手続請求に関するトラブルの解決法
まず仮処分をする
仮処分の後に正式に裁判(本案訴訟)を起こす
労働関係にまつわるトラブルの解決法
離婚をめぐるトラブルの解決法
相続のトラブルの解決法
交通事故をめぐるトラブルの解決法
消費者トラブルの解決法
決して泣き寝入りせず裁判へ向かうための手引き書 「TRIAL OF ONE」
過払い金請求・特定調停・裁判までも自分で出来る、元「借金問題専門 弁護士秘書」の借金減額マニュアル
解雇トラブルから会社を守る 人員整理実践マニュアル
ママ友のトラブル、主婦の嫁姑問題、幼稚園や保育園、ご近所や隣人、家庭内などの人間関係でお悩みのアナタへ送る、実際に対人関係を改善した私の人生の対処法アドバイスマガジン!‐【WifeLife】
金融機関 金利



自分でできる民事訴訟裁判 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。