自分でできる民事訴訟裁判 

訴訟、裁判はあなた一人で起こせます。あなたの手を引くように訴訟へと導く「TRIAL OF ONE」

生きているといろんなトラブルに巻き込まれることが少なからずあります。そういうとき知識を持っているだけで余裕度が違うものです。

サイトマップ

裁判

相手方との任意の交渉で決着が付かない場合、最終手段は裁判となる。


(1)裁判のメリット

イ、相手方の意向にかかわらず、トラブルに結論が出る

裁判では、こちらの訴えに対して相手が出廷しなければ、相手はこちらの主張を認めたものとみなされ、こちらの主張自体に欠点がない限り勝訴判決が得られる。

裁判中でも、裁判所は当事者間での和解を勧めてくることがある。

和解による解決ができなければ判決を出してくれる。その結論がこちらの要求に沿ったものとは限らなくても、未解決で先に進むよりはましである。

結果よりも、ある程度のところで決着をつけることも重要である。

ロ、判決により強制執行ができる

権利を実現するためには、裁判で公にその権利の存在を認めてもらう必要がある。

強制執行とは、国の力により権利の実現をはかることである。

ハ、ルールに基づき公正な手続で行われる

裁判では、自分の権利を一定の手続によって認めてもらうことができたものが勝つ。

力が弱くても、裁判官を説得できれば勝つ。これが裁判の一番のメリットである。

株主代表訴訟(会社の取締役等の会社に対する責任は、本来会社が追及すべきところだが、会社が責任追及しない場合に、会社に代わって株主が取締役等の責任を追及する訴訟)で、和解では支払えないが、判決がでれば支払うと企業側が言う。

これは、和解で経営陣の責任を追及されるよりも確定判決で支払うことにお墨付がもらえ安心できるからである。

こういう傾向は、今後も進むと思われる。


(2)裁判のデメリット

これはよく言われることであるが、裁判には時間と費用がかかることである。

最近の司法制度改革により、従来よりは早く結論が出るようになったが、それでも1〜2年はかかる。

その他のデメリットは、手続が面倒で、柔軟性に乏しいこと等である。

もう、泣き寝入りはしない!これが、【民事裁判をする方法】だ
TOP
トラブル解決策としての裁判
まず最初は当事者間の交渉
第三者機関を利用した交渉
裁判
裁判所を利用した穏やかな解決法 調停
一方的に出す命令 支払督促
強制執行を可能にするための即決和解
判決が出る前の保全処分という制度がある
裁判の進む順序
裁判のための具体的な手続 訴状の書き方
口頭弁論に必要な答弁書・準備書面
裁判における証拠調べ
鑑定・検証とは何をすることか
判決よりも和解のほうが有利な場合がある
判決が出たらどうすればいいか
小額訴訟は使いやすい
裁判で認められた権利を実現する強制執行
借地・借家にまつわるトラブル解決法
売買代金請求・貸金請求にまつわるトラブルの解決法
登記手続請求に関するトラブルの解決法
労働関係にまつわるトラブルの解決法
離婚をめぐるトラブルの解決法
相続のトラブルの解決法
交通事故をめぐるトラブルの解決法
消費者トラブルの解決法
決して泣き寝入りせず裁判へ向かうための手引き書 「TRIAL OF ONE」
過払い金請求・特定調停・裁判までも自分で出来る、元「借金問題専門 弁護士秘書」の借金減額マニュアル
解雇トラブルから会社を守る 人員整理実践マニュアル
ママ友のトラブル、主婦の嫁姑問題、幼稚園や保育園、ご近所や隣人、家庭内などの人間関係でお悩みのアナタへ送る、実際に対人関係を改善した私の人生の対処法アドバイスマガジン!‐【WifeLife】
住宅 ローン 借入









自分でできる民事訴訟裁判 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。