住宅リフォーム店を始めて儲ける方法 

3,200万円の見積りを、1,600万円で新築。リフォームも半額で出来た方法(写真付き)

リフォーム業の始め方・基礎知識や開業に向いているかどうかの判断・開始する際の計画や準備・顧客の獲得方法などを解説します

サイトマップ

商売を始めるための手続き

個人事業とするか、法人企業とするか。その判断基準は
「個人」と「法人」のメリット・デメリットをよく検討し、自分のビジョンにあった独立形態を決めよう

商法と新会社法に規定されている会社の種類を知っておく
「会社の種類」とその「特長」について知っておくことが大切。会社形態を選ぶときの参考にする。

職人さん・小規模開業は、個人事業から
「資金面で自信がない」「むずかしい手続きは面倒だ」。そんな人は迷わず「個人」での開業を考える。

売上1億円目標なら、株式会社として設立すること
抜群の知名度と信用度の高さ。資金の調達や顧客へのアプローチもしやすいのが、株式会社のメリットである。

株式会社への変更をする
すでにある有限会社などの会社を株式会社に変更することが望ましい。

融資制度について
自己資金が不足して、保証人や担保がない新規開業者をバックアップする制度とは。

リフォーム見込み客用DMハガキデータ
TOP
リフォーム業で独立開業
リフォーム業を始める計画・準備
商売を始めるための手続き
個人事業とするか、法人企業とするか。その判断基準は
商法と新会社法に規定されている会社の種類を知っておく
職人さん・小規模開業は、個人事業から
売上1億円目標なら、株式会社として設立すること
株式会社への変更をする
融資制度について
開業にあたっての顧客の探し方
売上1億円を目指す営業ポイント
街一番のリフォーム会社になる
色々心配はあるが、成功の確率は平等にある
人はかけがえのない財産。しかし…
法人にするとメリットもあるが、デメリットもある
はじめてのリフォーム業者になる
広告にまつわる、迷信や俗説に注意>
子育てに追われて多忙な建築のど素人の主婦にも出来た!!大幅値引きを引き出した住宅新築、リフォーム値引き・価格交渉術とは?(サポート付き)
年商3,000万円スモールビジネス起業の極意
3つの「0円ビジネス」づくり起業法に、21日で963万円稼いだ方法の特別巻とビジネス権利をはじめ8大特典が付いた 「0円ビジネス」起業法スペシャルパッケージ
電気料金削減起業セット



住宅リフォーム店を始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。