サロンで起業するノウハウ 

狙ったように集客できるヒットブログの作り方! 地域密着型の小さなショップ&サロンが繁盛するために必要な仕掛けの法則

このサイトを見た皆様が理想のサロンを確立し、「幸せ生活」を手に入れられることを心から願っています

サイトマップ

開業時に知っておくべき10の法則

「開業前に知っておくべき10の法則」で覚悟と心構えができたところで、個人サロンを成功させる開業時の具体的アクションを紹介しましょう。

ここで紹介することは、大手のノウハウとは全く異なります。

知名度、資金力、規模等を考えたら同じことをやっても歯が立たないことは、普通に考えれば分かりますよね?

だからといって勝負にならないということはありません。

個人サロンは個人サロンの「強み」があります。

大手にはできない「強み」を活かすことに目を向けることが最大のポイントです。


個人サロンの強み

・いつも同じ担当者の施術が受けられる

毎回違うスタッフが施術に入り、何度も同じことを言わされたり、前回言ったことが伝わってなかったりといったことがありません。

また、スタッフによって技術レベルに差があるという不満も持たれません。

当日にお客様のお肌や体の様子を見て、施術内容のプチチェンジを行うなども個人サロンならやりやすく、会社のルールに縛られる大手ではなかなかそうはいきません。

・自宅サロンは人としての信用をもらいやすい

全ての自宅サロンに当て嵌まる訳ではありませんが、少なくとも自宅にお客様を受け入れることは、それなりの責任感と「逃げ隠れしない姿勢」のある人でなければできないはずです。

お客様も、自分が他人を自宅に受け入れられるかと想像すれば、いかに覚悟が必要かが想像できるので、「人間として」の信用はしていただきやすいのです。

ただし、プロとして、技術者としての信用はまた別。

人としての信用をベースに、美容と癒しのプロとしての信頼を積み上げましょう。

・押し売りされない、安心して通えるイメージ

人としての信用に近いかもしれませんが、コースや化粧品を必要以上に薦めるイメージがある大手サロンと比較すると、個人サロンは一度の訪問で何十万円も請求されることはないだろう、という安心感があります。

大手の場合、広告宣伝や人件費にかけるコストが大きい分、売上目標も大きく、スタッフも本部から発破をかけられているので、それなりに強く薦めないとならないのは仕方ないこととも言えます。

これが個人サロンの代表的「強み」ということを認識しておくと、大手のチラシや広告の謳い文句に影響されたり、その動向に恐々したりすることがなくなります。

大手が気にも留めない、あるいは大手には全く必要ないことも含め、どこにも出回っていない「個人サロン」成功のために独自のノウハウを是非実行して下さい。



個人サロンは「超・短期回収」

サロンのお金はサロンのもの

年間粗利600万円のモデルパターン

オープン時は予約を取りまくれ

リピーターを獲得するための平均単価は6〜8千円

週1で通うファンの作り方

リピーターを呼ぶ「旬」のメニュー構成

確実に「結果」を出すカウンセリング手法

定期的なキャンペーンで顧客拡大

ブライダルメニュー活用法

予約の絶えない自宅サロン作り成功プログラム
TOP
年収としてはどのくらい?
自宅サロンの経営モデルプラン
あなたが目指すサロンは?
開業前に知っておくべき10の法則
開業までのスケジュール
開業時に知っておくべき10の法則
個人サロンは「超・短期回収」
サロンのお金はサロンのもの
年間粗利600万円のモデルパターン
オープン時は予約を取りまくれ
リピーターを獲得するための平均単価は6〜8千円
週1で通うファンの作り方
リピーターを呼ぶ「旬」のメニュー構成
確実に「結果」を出すカウンセリング手法
定期的なキャンペーンで顧客拡大
ブライダルメニュー活用法
開業後つまずきからの脱出するための法則
Q&Aお悩み相談
リアルサロン開業
まとめ
□自宅がネイルサロンに! 初心者のための、本格ジェルネイル講座(DVD付)
自宅ネイルサロン儲けのルール!ネイルサロン経営者が語る67の教え!
サロンの売上を倍増させる41の方法
【ネイルサロン経営者が教える】自宅ネイルサロン開業の方法
借入









































サロンで起業するノウハウ All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。