あっちずサイト印紙税Q&Aサイト 




印紙税の課税文書や課税額を知ってますか?
領収書などにも貼られる収入印紙は、「印紙税」です。
実務をされている方は、このサイトを見ればきっと問題が解決します。

サイトマップ
●印紙税の基礎知識Q&A
印紙税課税対象の文書
印紙税課税対象の文書に該当するかどうかの判断
印紙税が課税されない文書とは
他の文書の引用をしている文書
1通/1冊の扱い
契約書とは
予約契約書
契約の更改
原契約の内容変更
原契約の内容補充
契約書の写しの取り扱い
仮契約書(協定書)
基本契約に基づく注文書
契約当事者以外の者に提出する文書
文書の所属の決定
契約金額
契約金額の算出
当事者間では契約金額が明らかな場合
予定/最高/最低金額などの記載のある文書
変更契約書の記載金額
交換契約書の記載金額
消費税と記載金額
消費税/地方消費税の区分記載後に一括値引した場合
印紙税課税文書作成時期の判断
印紙税納税義務者
印紙税課税事項が2以上記載されている場合の作成者
国などと共同して作成する文書
印紙税納税地
印紙税課税文書の作成場所
印紙の種類と範囲
印紙税の納め方
誤って納付した印紙税の還付
過怠税
売上代金に係る金銭等の受取書
売上代金以外の金銭等の受取書
営業に関しない受取書
17号文書の記載金額
●各号文書の詳細 ⇒展開
●印紙税課否判定事例Q&A ⇒展開
●便利帳
不動産譲渡/建設請負に関する契約書の特例
「重要な事項」の一覧表
印紙税用語集
印紙税額一覧表
●サイト管理
リンクについて
印紙税Q&AサイトBBS
印紙税Q&A
●初心者向けQ&A
課税文書いろいろ
文書はどこの所属になる?
文書の作成意義
非課税となるパターンは?
契約書の意義
電子商取引
記載金額
印紙税の納付
納税地
税の過誤納があったら?
不納付税額と過怠税
リンク集(税関連)
リンク集(その他)

  

文書の作成意義

課税文書の作成は単に課税文書の調整だけでなく、課税事項を記載し、文書の目的に従って行使する目的があります。
  • 相手に交付する課税文書 → その交付時(例)手形、株券、社債券、預貯金証書、貸物引換証、保険証券、配当金額収証、金銭または有価証券受取書、念書や請け書のような当事者の一方が作成する物など
  • 当事者の合致を証明する課税文書 → その証明時(例)当事者双方が署名・押印する各種契約書
  • 一定の継続的な付け込みをする課税文書 → 最初の付け込み時(例)預貯金通帳、保険料通帳、掛金通帳、金銭受取通帳、判取帳など
  • 認証を受ける課税文書 → その認証時(例)定款
  • 第5号のうち新規分割計画書 → 本店に備え置く時
相手方への提示で契約書を書き、自社だけの社名を記載して押印した文書や、集金前に自社名を印刷した領収書に押印した段階では、課税文書を作成したことにはなりません。

文書作成者

課税文書の作成者とは、文書に記載された作成名義人のことですが、具体的には次のように取り扱われます。
  • 個人または法人で作成名義人が記載されている → 作成名義人が作成者
  • 法人の役員または従業員が法人の業務または財産に関して、役員または従業員名義で作成する → 法人が作成者
  • 個人事業者の従業者が当該個人事業者の業務または財産に関して、従業者名義で作成する → 個人事業者が作成者
  • 委任に基づく代理人が、委任業務の処理として作成する
    (1)代理人の他に委任者の名義があるもの → 代理人が作成者
    (2)委任者のみの文書 → 委任者が作成者
  • 1の課税文書を2以上の者が共同作成したもの → 原則として、いずれも作成者。なお、共同作成者となるには、全員が連帯で文書の印紙税額全額の納税義務を負う。

課税文書とみなされるのは?

(1)約束手形または為替手形で金額記載がないものに金額の補充がされた場合、補充した者が補充時に、新たに手形を作ったとみなされます。

なお、手形金額が記載されていない約束手形または為替手形は課税の対象外です。

(2)印紙税法[別表第1]課税物件表の第18号から第20号までに掲げられた通帳また判取帳で、1年以上継続して使う場合、作成した日から1年後以降に最初の付け込みをした日に、新たに通帳等を作成したとみなされます。これは、1年後以降に最初の付け込みをするごとの適用となります。

(3)既に作成した文書に、課税文書により証されるべき事項を追記すると、新たな契約書を作成したものとして課税されます。

例えば、消費貸借契約書に利率や返済期限の変更について、その内容を記載し、当事者が署名・押印すると、その記載事項にかかる契約書を新たに作ったものとして、印紙税が課税されます。

また、原契約書の余白または裏面に分割払いにした返済金の受領を継続して証明し、その事実を書いた場合は、最初に書いた(付け込み)時に第19号に掲げる通帳を作成したものとみなし、印紙税が課税されます。

(4)第19号に掲げられた通帳または第20号に掲げられた判取帳に該当するものに、次のような付け込みをした場合、付け込みをした事項にかかる部分については新たな契約書等の作成とみなされます。
  • 印紙税法第1号の課税文書で証されるべき事項で、金額が10万円を超える場合 → 第1号文書
  • 印紙税法第2号の課税文書で証されるべき事項で、金額が100万円を超える場合 → 第2号文書
  • 印紙税法第17号の課税文書で証されるべき事項で、記載された売上代金が100万円を超える場合 → 第17号の1文書




印紙税Q&Aサイト All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

印紙税法 改正 領収書 印紙税額一覧表 印紙税額 消費税 印紙税とは 契約書 印紙税額表 手形 印紙税法改正 印紙税法第5条 非課税 印紙税法基本通達 印紙税法施行令 印紙税法別表第1 印紙税法別表第一(課税物件表) 印紙税法施行令第26条 印紙税法別表第2 印紙税法 非課税団体 改正 2014 一覧表 改正前 手形 契約書 請負 領収書 注文書 消費税 請書 領収書 相殺 記載 書き方 平成25年 領収書 平成26年4月 平成25年4月 国税庁 印紙税額票 印紙税額表 h26 印紙税額早見表 印紙税額法 一覧 印紙税の手引き 印紙税法基本通達別表第2「重要な事項の一覧表」 印紙税法別表第一 7号文書 一覧 請負 h26 5万円 履歴 非課税 金額 税抜き 医療費 振込 不要 3万円 2014年4月 改正履歴 契約書 消費税 17号文書 振込手数料 26年 改正点 平成23年 コピー 覚書 月額 不動産 印紙税とは わかりやすく 印紙税とは何か 消費税増税 消費税込 消費税含む 消費税改正 変更契約 記載金額 消費税増税 変更契約 消費税率変更 消費税率