託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

少子化でも待機児童はなくならない

託児ビジネスというのは、保育ビジネスと同じような意味を持ちますが、保育と言うと公的なイメージがあるようです。



もともと保育ビジネスは公的な保育を補完するものであったのですが、現在は公的保育ではカバーできない、あるいは民間でなければ提供できないサービスも多くなっています。

そして今の日本では、公的な保育ですべてのニーズに対応することは不可能であるかもしれません。

ここではあえて「保育」ではなくて「託児」という言葉を使っていますが、たとえば延長保育、夜間保育、深夜保育、24時間保育などは保育という名前が付いていますが中身は託児と言えるでしょう。

保育サービスの提供を行う業種として託児所やベビーシッター業がありますが、保育ビジネスというときにはこの他に保育関連商品を扱うとか、保育士の資格養成を行うもの、起業や運営のノウハウを提供するものも含まれます。

ここではあえて、保育サービスの提供のみに関するものとして、託児ビジネスという呼び方にしました。

託児ビジネスが様々なサービスを提供することによって、公的保育での不公平が改善の方向に進むと期待しています。

託児ビジネスの起業、開業、運営のアドバイスとしての知識をここで習得してください。


少子化でも待機児童はなくならない

今の社会では、待機児童が多く発生することはあってもなくなることはまずないでしょう。

待機児童とは、保育所の入所要件を満たし、入所申請をしているにもかかわらず、希望する保育所または各自治体が助成を行っている託児所が満員である等の理由で入所できない状態にある児童のことを言います。

待機児童が発生する原因としては様々ですが、男女雇用機会均等法の浸透や育児休業の普及などによって結婚や出産後の女性の離職が減少したことがあげられます。

生活費や教育費の高騰、夫の雇用の不安定化、離婚の増加などによる経済的な必要性や、責任ある役割への進出などによって仕事にやり甲斐を感じるなどの理由から、出産後も仕事を続ける女性、出産後に仕事を始める女性が増加しているのです。

少子化が進んでいる一方で専業主婦がどんどん減っている状態であり、この傾向は今後も続くと思われます。

核家族化が進み、近所付き合いが希薄になっていることも、待機児童発生の原因となっています。

そしてこの問題は特定の地域に集中しています。

通勤に便利で家賃が手頃な住まいが得られるエリアに待機児童が多く発生するために、都内などではその数が増加し、逆に地方では減少しています。

また、以前は出産後すぐに働きに出なければならない女性というのは経済的事情などの理由が主なもので、その数も限られていました。

ですが、昨今では出産後間もなく仕事復帰する女性は特別な存在ではなく、むしろ増加傾向にあります。

このため従来は3歳児以後の保育所入所が中心となっていたのですが3歳児未満の入所希望が増え、国や自治体はその対応が追いつけない状態となっています。

一般的に1人の保育士がみることができる子どもの数は、子どもの年齢が上がるに従って増加します。

国が定めている保育士の配置基準(保育施設等最低基準)では1人の保育士が担当する0歳児は3人以下とし、5歳児では30人以下としています。

3歳未満児は3歳以上児よりも多くの人件費がかかり、財政が悪化している現状では3歳未満児の定員枠を拡大することは容易ではありません。

新たな保育所を作り続ける体力も国や自治体にはありません。2006年10月から認定こども園制度が始まりました。

保育所と幼稚園は一元化すべきであるという政策で、待機児童の解消などを目的とするものですが、メリットもあるものの待機児童を多く抱える自治体にとってはあまり意味がないと言われています。

認定こども園は、自治体ではなくて直接園に入園の申し込みをします。

入園審査や判断も自治体ではなく各園が行います。

保育料も自治体が定める保育所の保育料等の基準に準じて各園が独自に定め、独自に徴収します。

認定こども園では、保護者の就労の有無にかかわらず子どもを継続して預けることができるので、主に専業主婦への子育て支援が拡充できます。

今後も様々な改革が行われるでしょうけれども、待機児童の解消に有効な政策が打ち出される期待は薄く、結果、待機児童が少なくなることはないと思われます。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ





託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。