託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

起業の方法はどうしますか?

個人経営、法人経営、そして非営利法人(NPO)など、起業の方法にはいくつかあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。



方法を選択する前に、将来の方向性をまず考えましょう。

たとえば今後他社と業務提携をする、あるいは個人では新規参入しにくい分野への進出などの計画があるのならば個人経営より法人経営が望ましいでしょう。

会社によっては個人とは取引しないというところもありますし、託児以外の分野に新規参入する際に法人格がないと業者の指定が受けられないこともあります。

介護ビジネスなどがその例です。

税金に関しても一般的に個人よりも法人のほうが有利と言われています。

株式会社を設立する手引書は、図書館にも書店にもたくさんあります。

ホームページで調べることもできます。

わざわざ専門業者に任せる必要はないでしょう。

わからなかったら役所に問い合わせれば済みますし、書類に不備があったら直せばいいのです。

ただし法人は簡単には設立できません。

手続きや役員の設置、そして資本金などが必要になってきます。

個人より有利と言われる税金に対しても、ある程度の売上があっての話です。

税金対策として法人化を検討するのであれば、利益が安定してからでも遅くはありません。

個人経営のメリットは早く起業できることです。

法人のような面倒な手続きがないので、誰でも簡単に始めることができます。

税金の申告も法人の場合より比較的簡単です。

また、一般的には、個人経営よりも法人経営のほうが信用度は高いといわれていますが、託児に関するビジネスの場合は一概にそうとは言い切れません。

イメージとしては大きな会社のほうがしっかりしているような感じがあるかもしれませんが、名前だけで実績のない法人よりも、実績がある、あるいは人間的に魅力のある個人経営のほうが対外信用度を上げることができると思います。

イメージと信用は別です。そして信用が利用者獲得につながっていくでしょう。

デメリットとしては、事業主は政府管掌の健康保険や厚生年金に加入することができないことがあります。

そして万が一事業が失敗して負債を負った場合、責任のすべては個人にかかってきます。

個人経営、法人経営以外の方法で、非営利法人(NPO)という方法もあります。

非営利とは、事業で上げた利益を配当する、あるいは管理費として内部で過剰に用いないことを指します。

ですから結局のところ株式会社や有限会社と同じで利益を出していかなければ事業を安定的に継続していくことができません。

そして、非営利法人の場合は設立に相当な時間を要します。

活動内容の制約などのいろいろなデメリットも発生するでしょう。

ただし、非営利法人にすることによって社会的な信用は得られるかもしれません。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ



託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。