託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

必要設備・備品の考え方

託児所の開業にあたっては、設備や備品をそろえていかなければなりません。



おもちゃ、絵本、ベビーベッド、ベビーフェンス、子ども用便座、子ども用机、子ども用椅子、おまるなどの専門用品。オムツいれ、下駄箱、食器棚、食事用テーブルなどの家具類。

体温計、アイスノン、絆創膏、爪切り、消毒液、湿布薬、化膿止め、虫刺され用塗り薬、赤ちゃん用洗剤、哺乳瓶用洗剤、哺乳瓶、紙オムツ、お尻拭きなどの医療品類。

他にも事務用品、寝具類、トイレ用品、清掃用具、事務用および調理用の電化製品、食器類などが主なものです。

絶対に欠かせない物は別として、これらの備品などは必要に応じて買い揃えていくのがいいかもしれません。

世間には同じ用途の商品でもさまざまなものがさまざまな値段で販売されています。

とんでもない安価で売られているものもあれば、子ども用というだけで倍近い価格になっているものもあります。

たとえば100円ショップの商品は、壊れやすいものや口に入れると有害な物質を使っていることもあるので、子どもの利用を考えるとあまりお勧めできません。

けれども必ずしも安物が悪いというわけではありませんし、値段の高いものがすべて優れていて危険性がないというわけでもありません。

日本玩具協会の安全基準に合格したおもちゃにはSTマークがついていますが、これはひとつの目安であって絶対的なものではありません。

プラスチックの壊れやすい部分やとがった部分がないか、壊れている、欠けている箇所がないかなどは必ず確認が必要です。

安全性以外にも教育効果がある、デザインが優れている、機能性が優れている、ブランド品である、外国製であるなどの理由で高価なものもあります。

高価なものにはそれなりの良さがあるのですが、費用の面では、高価な備品をそろえた場合と安物をそろえた場合では、見た目にはあまり変わらなくても購入費用は相当違ってきます。

価格だけ、デザインだけ、あるいは安全性だけを選択の基準にしないで、いろいろな視点から自分の目で見極めてそろえていくのがいいと思います。

こだわりを持って選んだものは自信を持って使うことができます。

そしてそれを保護者にアピールすることもでき、そこから良い評判、そして利用者の増加につながっていくこともあるでしょう。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ



託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。